関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
医療法人蜂友会 はちや整形外科病院(愛知県)
蜂谷 裕道 先生
(専門:股関節)
………………………
▼Q. 年齢によっても治療法が変わるということですか?
………………………
蜂谷 裕道 先生
A. はい。まず手術にも、関節を温存する「骨切り術」と人工股関節に入れ換える「人工股関節全置換術」とがあります。人工股関節の耐用年数は現在約20年といわれていて、壊れてしまうと入れ換えの手術が必要になります。たとえば若い方、20歳ぐらいの方が安易に人工股関節手術をしますと、生涯に何度も手術をしなくてはいけないかもしれません。それならば、一生保つかもしれない「骨切り術」のほうが良い。それで一生大丈夫な方も多くいますし、万一、人工股関節手術が必要になっても一度の手術で済む可能性が高くなります。一方、骨切り術は骨折と同じで骨同士がくっつくまでは全体重がかけられません。治療期間が長くかかりますので、お仕事や子育ての関係で時間が取れないという方には、ご本人のご希望に沿って人工股関節手術をすることもあります。

次の質問を見る

………………………

Q. まず、股関節の主な疾患について教えてください。

Q. 一次性と二次性はどう違うのですか?

Q. 臼蓋形成不全の原因はよくわからないということですが、なりやすい方というのはあるのですか?

Q. では、臼蓋形成不全の早期発見は可能なのでしょうか?

Q. 先天性(発育性)股関節脱臼とはどういう疾患なのでしょう。今は減っているということでしょうか?

Q. それでは変形性股関節症の治療についてお伺いします。治療としては手術しかないのでしょうか?

Q. 年齢によっても治療法が変わるということですか?

Q. なるほど。「骨切り術」とはどのような手術法なのですか?

Q. 手術もまた総合的に判断して、どの方法を選択するのか決めるのですね。

Q. わかりました。ありがとうございます。治療法の提示には、検査の正確性が前提になると思いますが、この点についても少しお話をお聞かせいただけますか?

Q. 関節唇の評価も治療法を選択する上で大切だということですか?

Q. 人工股関節の技術は進歩しているのでしょうか?

Q. さらなる耐用年数の伸びを期待したいですね。手術手技も進歩しているのでしょうか?

Q. 先生は「骨バンク」についてもお詳しいそうですが、「骨バンク」とはどのようなものなのでしょうか?

Q. リハビリにも独自の取り組みをされているそうですね?

Q. 人工股関節にすれば手術前の痛みは取れると考えて良いのでしょうか?

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………
*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。


その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation