関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
慶應義塾大学病院(東京都)
西脇 徹 先生
(専門:股関節外科・小児整形・最小侵襲股関節手術)
………………………
西脇 徹 先生
………………………

西脇先生の一面

★1.最近気になることは何ですか?
└最近体重が増えてきました。昔はアメフトとテニスをしていましたが運動不足です。

★2.休日には何をして過ごしますか?
└家族サービスとテニス、読書です。体重が増えてきましたので、最近は中学生の長男と筋トレをしています。
………………………
★先生からのメッセージ
└「変形が進んだから手術」というのではなく、患者さんの話をよく聞き、ライフスタイルにあった治療を心がけています。
………………………

Q. まず始めに変形性股関節症とはどのような病気なのでしょうか? その原因についても教えてください。

Q. スポーツ選手は関節が変形しやすいのでしょうか?

Q. 変形性股関節症の診断方法について教えてください。

Q. 変形性股関節症の治療方法について教えてください。手術しなければならないのでしょうか?

Q. できれば手術は避けたいですね。保存療法について詳しく教えてください。

Q. 保存療法を行っても進行してしまうと手術になるのでしょうか? 手術療法について詳しく教えてください。

Q. 最近の医療技術の進歩は目覚ましいものがあります。人工股関節置換術においては人工股関節そのものも進歩しているのでしょうか?

Q. そういった技術で、人工股関節の耐用年数は延びていくのですね。

Q. ほかに手術の方法なども進歩しているのでしょうか?

Q. 手術の合併症の対策も進歩していますか?

Q. いろいろな技術の進歩で、変形性股関節症の治療は、以前に比べて安全で正確になっているのですね。患者さんと接するにあたり、実際に治療を行う先生側で気をつけられていることがありましたら教えてください。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation