関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
西神戸医療センター(兵庫県)
藤原 正利 先生
(専門:膝関節・股関節・骨盤骨折)
………………………
藤原 正利 先生
………………………

藤原先生の一面

★1.休日には何をして過ごしますか?
└トレッキングで近郊の山によく出かけます。それと中国の歴史ドラマにはまっています。先日も100話以上ある連続ドラマを見終えたところです。

★2.最近気になることは何ですか?
└体重管理です。テレビで見たことを実践して、毎日同じ時間に体重を計ってカレンダーに書き込んでいると半年で2.5kg減りました。数字が目に見えるというのが効果的なようです。患者さんへのアドバイスの参考にもなりそうですね。
………………………
★先生からのメッセージ
└年齢という数字に関係なく意欲のある方には、人工膝関節手術は大変有意義だと思っています。
………………………

Q. 歩くのも辛いほど膝が痛いという場合、考えられる疾患とは何でしょうか?

Q. 診断はどのようにされるのですか?

Q. それらの疾患の中でも、変形性膝関節症の増悪が多いということでしょうか?

Q. 変形性膝関節症と診断されれば、手術は早いほうがいいのでしょうか?

Q. 保存療法とは具体的に?

Q. なるほど。

Q. 20%の患者さんは、どのあたりがやや不満と感じられるのでしょうか?

Q. わかりました。では人工膝関節の耐用年数は、現在、どれくらいなのでしょうか? 筋力の強化や体重の減量は、人工膝関節の耐用年数にも関わってきそうですね。

Q. 人工膝関節手術をしたからこそ、「よく食べてよく寝てほどよく動く」ことが可能になるということもありますよね?

Q. 膝関節が痛くなくなると、きっとみなさん、意欲的になられるのでは?

Q. 先生のお話を聞いていますと、膝関節の大切さがよく理解できます。金属アレルギーの方でも人工膝関節手術はできるのですか?

Q. わかりました。ところで先生は骨盤骨折の専門家でもいらっしゃいます。骨盤骨折のしくみと治療法についてもお聞かせいただけますか?

Q. 当時はそれほどに差があったのですか?

Q. 先生は日本では先駆者的存在なのですね。

Q. ありがとうございました。お話は変わりますが、こちらの病院にはたくさんの絵が飾られていますね。やはり患者さんの療養に関係があるのですか?

Q. 確か9階の食堂とメインホールにある絵ですね。

Q. 先生は患者さんの心に添うことをとても大切にされているように感じます。最後に、先生の治療に対するお考えを、ぜひお聞かせください。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation