関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
京都大学医学部附属病院(京都府)
後藤 公志 先生
(専門:股関節)
………………………
後藤 公志 先生
………………………

後藤先生の一面

★1.休日には何をして過ごしますか?
└体を動かすのが好きなのでゴルフやテニスをよくします。できるだけ子どもとの時間も大切にしたいので、テニスをしたりバドミントンをしたり。冬には家族でスキーにも行きます。

★2.最近気になることは何ですか?
└少子化による日本の人口の減少です。政策的に何とかならないかと思いますが、社会的にも若者に政治への参加を呼び掛ける仕掛けが必要なんだろうと思います。彼らが政治に参加することで若者の声、子育て世代の声が重要視されるので、将来に向けての効果的な手立てが講じられることにつながるのではないでしょうか。
………………………
★先生からのメッセージ
└老後まできれいな姿勢で、健康的に歩いてほしいと願って治療にあたっています。
………………………

Q. 最近、変形性股関節症で人工股関節全置換術を受けられる患者さんが増えているそうですね。

Q. まさに急増ですが、何か大きな理由があるのでしょうか?

Q. たしかに股関節が痛いと日常生活に支障が出ますよね。

Q. なるほど。では、変形性股関節症が発症する年齢はどれくらいですか? また、どのような状態になれば人工股関節置換術の適応となるのでしょうか?

Q. 手術には患者さんごとにタイミングがあるわけですね。

Q. みなさん、それぞれに事情や取り巻く環境は違いますものね。

Q. 臼蓋形成不全や股関節唇損傷で痛みが生じている場合は、どのような手術が行われるのですか?

Q. ところで、近頃、FAI(股関節インピンジメント)という言葉もよく耳にします。これはどのような疾患なのですか?

Q. 人工股関節全置換術は長期成績が非常に向上したとのことですが、手術手技や人工股関節自体が進化したということでしょうか?

Q. 現時点での人工股関節の耐用年数はどれくらいですか?

Q. 手術を受けられた方へのアドバイスもお願いします。

Q. 人工股関節手術の進歩は素晴らしいですね。さらに先生は次世代へ向けて、「生体活性骨セメント」の開発にも携わってこられました。この新しい技術について、少し教えてください。

Q. セメントを使う手術の患者さんの満足度の高さについて、もう少し詳しくご説明ください。

Q. 入れ換えが比較的やりやすいというのは?

Q. よくわかりました。ありがとうございました。最後に、股関節疾患の治療に対する先生の思いをお聞かせください。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation