関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
屋島総合病院(香川県)
浅海 浩二 先生
(専門:股関節・膝関節)
………………………
浅海 浩二 先生
………………………

浅海先生の一面

★1.休日には何をして過ごしますか?
└学生のときはバスケットボールに熱中していましたが、最近の休日は学会・研究会などを兼ねた出張や病院での当直で半分ほどが占められますね。それ以外はスポーツ観戦、映画鑑賞、たまにゴルフをしたり、講演会の準備などをしたりして過ごしています。

★2.最近気になることは何ですか?
└日本と日本を取り巻く近隣諸国との関係ですね。またTPPの導入で日本の医療環境がどう変わるのか。特に私の専門である股関節・膝関節の悪い患者さんの将来がとても気になります。
………………………
★先生からのメッセージ
└患者さんが股・膝関節の苦痛から安全に解放されるために、最先端の技術を駆使したいと考えています。
………………………

Q. 先生は人工関節センター長を務めていらっしゃいますが、人工関節センターの目的・役割とは何でしょう?

Q. 人工関節センターを開設されたということは、それだけ患者さんの数も多いということでしょうか?

Q. では、少し具体的に、人工股関節全置換術と人工膝関節全置換術について教えてください。それぞれ、どのような手術なのでしょうか?

Q. 大変優れた手術なのですね。皮膚を切開して、というお話が出ましたけれど、最新の手術手技として、そこで「MIS」が用いられるわけですか?

Q. 患者さんにとってMISのメリットは大きいですね。

Q. 先生はいつ頃からMISを取り入れておられるのですか?

Q. ずいぶん早くから取り組んでおられるのですね。それでは、「ナビゲーション手術」についても教えていただけますか。

Q. なるほど。具体的にはどのようなシステムなのでしょう?

Q. 手術の安全性についてもみなさんご心配だと思います。そのことについてのお考えや取り組みについてはいかがでしょうか?

Q. 合併症に対しては?

Q. 安全性も高い手術といえそうですし、高齢化社会が進み、今後は手術数が増加しそうですね。

Q. ありがとうございました。最後にリハビリのこと、先生の人工関節治療への思いを教えてください。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation