関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
屋島総合病院(香川県)
安藤 健夫 先生
(専門:膝関節・股関節・肩関節・スポーツ整形外科)
………………………
安藤 健夫 先生
………………………

安藤先生の一面

★1.休日には何をして過ごしますか?
└患者さんにわかりやすく説明するためのイラストを作成したり、データの整理をしたりしています。パーツを組み立てていろいろ作るのが好きで、家にあるパソコンも自分で作りました。

★2.最近気になることは何ですか?
└今は実験段階である半月板の培養が、どこまで進んでいるのかが一番気になっています。
………………………
★先生からのメッセージ
└スポーツ外来において私が目指すのは、「関節鏡視下(かんせつきょうしか)手術で元通り」にすることです。
………………………

Q. 先生はスポーツ医学センター長を務めていらっしゃいます。スポーツにおける主な関節傷害について教えてください。

Q. 今ではそのほんとんどの症例で、関節鏡視下手術が可能だそうですね。

Q. 関節鏡下手術とはどのような手術なのですか?

Q. では少し具体的にお聞きします。たとえば一番多いという前十字靭帯損傷では靭帯はどのように再建されるのでしょうか?

Q. なるほど。靭帯は体の動きを支えているのですね。

Q. それらがすべて内視鏡下で行われるとは驚きですが、特に先生の手術手技には大きな特長があるそうですね。

Q. 特にスポーツ選手には朗報ですが、靭帯を温存する手技はまだまだ一般的ではないということでしょうか?

Q. まさに「元通り」を目指して、ということですね。

Q. 腱板縫合ができない事もあるのですか?

Q. 先生は腱板断裂の手術もお得意とお聞きしています。

Q. そこで人工腱板を? それも関節鏡視下手術ですか?

Q. こちらの病院は、四国で初めて、「自家培養軟骨移植」において保険医療制度の認定を受けておられますね。これはどういう手術なのでしょうか?

Q. 軟骨骨折や軟骨がはがれた場合は、すべてこの自家培養軟骨移植の適応となるのですか?

Q. ご自分の軟骨が生かせない場合に、自家培養軟骨移植という方法があるということですね。

Q. 「元通り」を目指してさまざまな先進的な治療を実践されていますが、特に先生の記憶に残る患者さんはいらっしゃいますか?

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation