関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
姫路赤十字病院(兵庫県)
阪上 彰彦 先生
(専門:股関節)
………………………
阪上 彰彦 先生
………………………

阪上先生の一面

★1.休日には何をして過ごしますか?
└小学生の息子2人がフルコンタクト空手をやっていまして、その試合の応援に行くのが今は一番の楽しみです。

★2.最近気になることは何ですか?
└息子達がいつまで空手を好きでいてくれるかなぁと。先日私、車上荒らしを捕まえまして、体も心も鍛えておいた方がいいと、つくづく実感したものですから。
………………………
★先生からのメッセージ
└無理に頑張らなくていいですよ。マイペースで人工股関節と付き合っていきましょう。
………………………

Q. 人工股関節全置換術についてお伺いしたいと思います。まずは最新の人工股関節について教えてください。

Q. ステムのネックが細いと脱臼しにくくなるのですか?

Q. 具体的にそのアプローチ法とは?

Q. 筋肉を切らないアプローチ法もあるようですが、側方アプローチもそうなのですか?

Q. なるほど、そうですよね。お話のような人工股関節の進化、手術手技の進歩、それによる脱臼のリスクの低減などもあって、人工股関節の耐用年数も延びたのではないでしょうか?

Q. 確かに、歯に例えるとわかりやすいですね。

Q. 人工股関節と上手に付き合えばいいのですね。

Q. 逆に避けたほうがいい動きというのは?

Q. 半年ほどで、ある程度のことはできるようになるのですか?

Q. 人工股関節全置換術も近年、変化してきたわけですけれども、手術を受けられる患者さんの年齢層にも変化はあるのでしょうか?

Q. 老化も変形性股関節症の原因になるのですか?

Q. 高齢であっても手術の合併症などは心配ないのでしょうか?

Q. 最後に、リハビリにおいて、特に取り組まれていることがあれば教えてください。

Q. ありがとうございました。先生のお話を聞いていますと、手術に対して前向きになれる気がします。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation