関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
都立大塚病院(東京都)
三部 順也 先生
(専門:人工股関節・人工膝関節・関節リウマチ)
………………………
三部 順也 先生
………………………
※こちらのページでは人工股関節についてお話されています。人工膝関節についてはこちらをご覧ください。

三部先生の一面

★1.休日には何をして過ごしますか?
└ぶらりと気ままに旅行するのが好きです。東京は地方の出身の方が多いので、ガイドブックに頼らず、そういう人のおすすめの場所へ行くのが楽しみです。

★2.最近気になることは何ですか?
└患者さんへの生活指導を通して、最近、自分自身の生活を省みることが多くなり、できるだけ体を動かしたり、食生活に気をつけたりするようになりました。
………………………
★先生からのメッセージ
└筋肉を切らない手術法で、人工股関節手術後の生活上の制限は格段に少なくなりました。ぜひ、日々の生活を楽しんでください。
………………………

Q. 人工股関節置換術への取り組みについてお伺いします。まず、その適応となるのはどのような患者さんなのでしょうか?

Q. 若い層には人工股関節置換術はあまり行われないのですか?

Q. 人工股関節置換術は、患者さんへのメリットが大きいといえますね。

Q. ところで先生は、MISの中でもALSという手術法を採用されているそうですが。

Q. ALSの優れている点は?

Q. ALSの場合、入院期間はどれくらいですか?

Q. 手術手技は大きく進化しているのですね。人工股関節自体の進歩についてはいかがでしょうか?

Q. なるほど。大いに期待したいですね、では退院後、日常生活に制限はあるのでしょうか?

Q. ありがとうございました。最後に、一生、人工股関節で過ごしていかれる患者さんへ、先生からアドバイスをお願いします。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation