関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
高知赤十字病院(高知県)
内田 理 先生
(専門:人工股関節・人工膝関節)
………………………
内田 理 先生
………………………

内田先生の一面

★1.休日には何をして過ごしますか?
└実は最近、ジムに通い始めました。スポーツに関する調査をするにあたって、自分もやはり運動しないと、と思い立ちまして(笑)。午前中はジムで体力作りをして、午後から週に1日は読書をしたり家でゆっくり過ごす、というのが最近のパターンです。

★2.最近気になることは何ですか?
└医療を取り巻く環境ですね。特に高齢者に対して厳しい現実もありますし、今後のことが気になります。
………………………
★先生からのメッセージ
└人工股関節手術後も多くの方が、軽い運動や好きなスポーツを楽しまれています。
………………………

Q. 先生は、人工股関節手術をされた患者さんのスポーツ活動について研究されておられますね。

Q. ということは、手術後にスポーツをしても大丈夫なのでしょうか?

Q. 調査の結果は、具体的にはどのようなものだったのでしょうか?

Q. なるほど。このような差はあるにしても、全体としての満足度はとても高いですし、スポーツは無理どころか、できる範囲で楽しんでよいのですね。

Q. なぜ軽い運動でもしたほうがよいのでしょうか?

Q. スポーツをすることで人工股関節が壊れるということはないのでしょうか?

Q. なるほど。それではおすすめのスポーツや、逆に避けたほうがよいスポーツはありますか?

Q. スポーツの制限は意外に少ないものなのですね。

Q. 具体的にはどのような進歩があげられるのでしょうか?

Q. よくわかりました。好きなスポーツを楽しんだり体を動かしたりするのに大きな制限がないというのは、患者さんにとって明るい情報ですね。最後に、スポーツとの関連で先生の記憶に残っている患者さんのエピソードをお聞かせください。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation