関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
東京医療センター(東京都)
藤田 貴也 先生
(専門:人工股関節)
………………………
藤田 貴也 先生
………………………

藤田先生の一面

★1.休日には何をして過ごしますか?
└フラッグフットボールのコーチをしています。大学時代はアメリカンフットボールをしていました。

★2.最近気になることは何ですか?
└最近、健康面が気になってきました。糖質制限で主食を減らすようにしています。
………………………
★先生からのメッセージ
└今では人工股関節のゆるみや脱臼のリスクはかなり低減し、若い層にも手術が行えるようになりました。
………………………

Q. 最近、若年層にも人工股関節置換術が行われるようになったと聞いています。若年層で、人工股関節手術の適応となる疾病にはどのようなものがあるのですか?

Q. 若年層というのは何歳くらいのことをいうのでしょう? また、若い方にも手術ができるようになった理由は何でしょう?

Q. 一生保つということになれば、患者さんには福音ですね。

Q. 細菌感染を予防するにはどうすればいいのですか?

Q. では、脱臼のリスクについてもう少し詳しく教えてください。

Q. 脱臼のリスクを抑えるための方法はあるのでしょうか?

Q. 筋肉を切らないことで術後の回復も早そうですね。

Q. 人工股関節自体の進歩も、脱臼のリスクを減らすのに役立っているのでしょうね。

Q. 理想に近い大きさというのがあると...。

Q. なるほど。可動域の確保と摩耗の両立は難しいのですね。

Q. それだけにポリエチレンの進化が期待されるのですね。

Q. ところで、若年層の疾病の場合で、手術をしなくて済むケースもあるのでしょうか?

Q. ありがとうございました。最後に、特に記憶に残っている患者さんとのエピソードはありますか?

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation