関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
赤羽中央総合病院(東京都)
野村 将彦 先生
(専門:膝関節外科)
………………………
野村 将彦 先生
………………………
★先生からのメッセージ
└手術からリハビリ、退院まで、患者さん一人ひとりにチーム体制を敷いて、治療に取り組んでいます。
………………………

Q. 最近、新聞等でチーム医療体制の記事をよく目にするようになりました。先生方もそのような取り組みをされているのですか?

Q. 人工膝関節置換術について、順を追ってお話を伺いしたいと思います。患者さんが術前にしておいた方がよいことはありますか?

Q. 事前にきちんと手術に備えておくわけですね。それでは人工膝関節の手術とはどのようなものなのでしょう? 関節をすべて人工物に置き換えるイメージがあるのですが。

Q. 決して特殊な手術ではないのですね。ところで手術が必要な患者さんとは?

Q. 高齢の方でも手術を受けられますか?

Q. それは他の患者さんにも励みになりますね。ここでぜひ、先生の治療理念をお伺いしたいのですが。

Q. そのような手術ができるのですか?

Q. その方、その方で手術の仕方も変わるのですね。

Q. よくわかりました。ありがとうございます。手術の安全面での対応についてはいかがでしょう?

Q. なるほど。ほかに、患者さんへの負担の少ない手術のため実践されていることはありますか?

Q. 手術後のリハビリテーションで心がけておられることは?

Q. 先生方は患者さんにとっての応援団なのですね。その術後のリハビリテーションですが、痛くて辛そうなイメージがあります。

Q. 退院後もリハビリに通うほうがいいのでしょうか?

Q. ありがとうございました。最後に、実際には術前と術後でどれくらいの回復が見込めるのでしょうか?

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation