関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
太田総合病院(神奈川県)
六本木 哲 先生
(専門:人工股関節・人工膝関節)
………………………
六本木 哲 先生
………………………

六本木先生の一面

★1.休日には何をして過ごしますか?
└趣味のゴルフを。最近は娘と一緒にラウンドすることもあります。

★2.最近気になることは何ですか?
└少子化問題でしょうか。例えば、フィンランドでは超党派の政策により、出生数を増やすことができたそうです。日本の政府にも、腰を据えて迅速に取り組んでほしいと思っています。
………………………
★先生からのメッセージ
└股関節疾患は、若年層の場合には、長いライフスパンを考えて治療法を選択することが大切。
早期であるほど、その選択の幅は広がります。
………………………

Q. 今回は、股関節の疾患に悩まれている、比較的お若い、若年層といわれる患者さんへ向けて、いろいろ教えていただきたいと思います。まず、「若年層」とは何歳以下のことを指すのでしょうか?

Q. なるほど。具体的にはどのような治療法があるのですか?

Q. 手術にも種類があるのですね。

Q. 関節温存手術をする場合は、どのような手術になるのですか?

Q. 骨切り術の術後の成績はどのようなものなのでしょうか?

Q. わかりました。骨切り術でも改善が難しい場合には、人工股関節置換術になるわけですか?

Q. 材質面ですと、たとえばどのような進歩があるのでしょう?

Q. その意味では、若年層にも人工関節手術を適用しやすくなったということでしょうか?

Q. 先生のお話から、早期であれば、治療の選択肢がかなり広いことがわかりました。

Q. 若年層の患者さんで、先生の特に印象に残っている方はおられますか?

Q. まさしく長いスパンで先のことを考えての選択だったわけですね。

Q. しかしながら、変形性股関節症は老化であったり、臼蓋形成不全など先天性のものが原因であることが多いと聞いています。早期発見というのはなかなか難しいのでは?

Q. 繰り返しになりますが、対処するのが早いほどに、治療の選択肢も増えるということですね。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation