関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
天野整形外科(熊本県)
天野 敏夫 先生
(専門:小児整形外科・人工股関節)
………………………
天野 敏夫 先生
………………………

天野先生の一面

★1. 最近気になることは何ですか?
└ジム通いをしていまして、ウェイトリフティングの記録向上を目指しています。どこまでいけるか気になりますね(笑)。

★2. 休日には何をして過ごしますか?
└孫と遊んでいます。公園へ連れて行ったり。あとは本屋さん巡りが好きですね。日本では専門外の本、外国では専門書が充実していますのでそちらを探すことが多いです。旅行も好きです。
………………………
★先生からのメッセージ
└家族のように一生を通して見守り続けることが、小児整形外科医の大事な役割です。
………………………

Q. 先生は小児医療に大変力を入れておられますが、子どもの股関節疾患にはどのような種類や特徴があるのでしょうか。

Q. そうなんですね。ぜひ、発育性股関節脱臼と臼蓋形成不全の予防法を教えてください。

Q. 産婦人科や小児科で指導してもらえればいいのですけど...

Q. 大人の変形性股関節症は、もとをたどれば発育性股関節脱臼ということが多いと・・・。

Q. まずは予防できることを、お母さん方に知っていただきたいですね。

Q. そうなれば本当にいいですね。ところで、お母さん方はどのようなタイミングで、病院にお子さんを連れて来られるのでしょうか。

Q. よくわかりました。では、ほかの股関節疾患についても教えてください。

Q. ぺルテス病や大腿骨頭すべり症になると、どのような症状が出るのでしょうか。

Q. だからこそ、やはり専門医に行くことが大切なのですね。

Q. では、専門医と上手につきあうためのアドバイスをお願いします。

Q. なるほど。継続的に診てもらうことが、軽いうちに治すことにもつながりますね。基本的なことですが、いつ頃までが小児整形外科の範疇なのでしょうか。また、治療や手術については小児向けのものになるのですか?

Q. 子どもに人工股関節置換術を行うことはあるのですか?

Q. ありがとうございます。先生は小児医療に、どのような思いで立ち向かっておられるのでしょうか。

Q. なるほど。ご家族の協力は不可欠ですよね。

Q. 一般の患者さんの場合ですが、先生は骨切り術について、とても有意義な手術だと常々いっておられます。

Q. 可能であれば骨切り術を行い、段階を踏んで人工股関節置換術ということですね。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

インタビューを終えて

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation