関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
県北医療センター高萩協同病院(茨城県)
河村 春生 先生
(専門:人工股関節)
………………………
………………………

河村先生の一面

★1. 最近気になることは何ですか?
└小泉改革で医療の世界は悪い方に変わりました。高齢者が増えると、病気の人が増えて医療費や社会保障費が増えるのは当然なのに、圧縮しようとするところに無理があると思っていました。先の総選挙で政権が変わりましたが、今後、政権党の公約が実行されて医療・福祉・社会保障が良くなって行くのか見守って行く必要があります。

★2. 休日には何をして過ごしますか?
└暇があればハイキングに行きます。百名山のように有名で未踏の山に行ってみたいですね。最近は早池峰山(岩手県)に行きました。オートバイでツーリングをするのも好きです。
………………………
★先生からのメッセージ
└人工股関節手術で脚の長さを矯正することは大切なことだと考えています。
………………………

Q. 手術を受ける時期についてメッセージを発してくださるということなのですが、実際そのタイミングについて悩んでおられる患者さんは多いのでしょうか?
また、どのような点を最も悩まれるのでしょうか?

Q. 手術を受ける時期について、どのようにアドバイスされておられるのか教えてください。

Q. 人工股関節手術を決断するということは大変勇気がいることだと思います。そんな大きな決断をされた患者さんに対して、どのような考え方で手術を行っておられるのでしょうか?

Q. 患者さんには少し難しいお話だと感じたのですが、患者さんの反応はいかがでしょうか。また、人工股関節について少なくともどれくらいの知識があれば安心して手術を受けられると思われますか?

Q. そのようにいわれると不安に思われる患者さんもいると思いますが。

Q. 毎年“たつのこ人工関節祭り”というものを開催しておられますが、このイベントに対する思いについて聞かせてください。

Q. 院外で患者さんと触れ合うことの重要性を感じておられるんですね。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation