関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
川崎市立多摩病院
大沼 弘幸 先生(専門:膝関節)
………………………
川崎市立多摩病院 大沼 弘幸 先生
………………………

大沼先生の一面

★1.休日には何をして過ごしますか?
└最近はまっているのはパンとケーキづくりです。自信作は短時間で揚げるカレーパンで、フワフワでサックサクなんです。子どもにも一番おいしいと褒められました。あとはウォーキングやジョギングで汗を流すようにしています。

★2.最近気になることは何ですか?
└超高齢社会において、医師として、いま自分に何ができるのかということを常に考えています。自分が高齢になった時のことも考えますが、社会保障制度など少し不安ですね。

………………………
★先生からのメッセージ
└人生百年時代。痛みを取って、いくつになっても自分の足で歩くために、人工膝関節置換術(じんこうひざかんせつちかんじゅつ)は非常に有効な治療法です。
………………………

Q. 多くの方が膝の痛みを抱えて生活しているかと思いますが、そもそもこの痛みはなぜ起こるのでしょうか?

Q. 痛みを起こす主な病名について教えてください。

Q. どのような治療が行われるのでしょうか?

Q. それでも改善されない場合には、手術という流れになるのでしょうか?

Q. 人工膝関節には種類があるのでしょうか?

Q. 手術になる方の平均年齢は70代以上とのことですが、高齢ゆえのリスクはあるのでしょうか?

Q. 人生百年時代に、自分のことを自分でできるようになれば意欲も湧いてきそうです。手術を受けられた方からはどんな声がありますか?

Q. 人工膝関節や手術の方法は昔に比べて進歩しているのでしょうか?

Q. 先生が手術をされた最高齢の患者さんは?

Q. 先生が医師を志されたエピソードがありましたら教えてください。

Q. 先生はノルディック・ウォークの普及に力を入れていらっしゃるとお伺いしました。ノルディック・ウォークについて教えてください。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation