関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
亀田第一病院・新潟股関節 センター(新潟県)
徳永 邦彦 先生
(専門:人工股関節)
………………………
徳永 邦彦 先生
………………………

徳永先生の一面

★1. 最近気になることは何ですか?
└大阪の橋下市長でしょうか。2011年には予想外の異変も起こってしまいましたが、世の中が大きく変わろうとしている、リーダーシップをとって導ける人はいないのかなと思っていたので、注視しています。

★2. 休日には何をして過ごしますか?
└ 小学校5年のときからサッカーをやっていて、今も社会人チーム、病院のチーム、フットサルのチームに入って休日はサッカー三昧です。指導者資格を持っていますので、長年、小学生のチームのコーチもしていました。そのときコーチングの方法をいろいろ研究しましたから、今でも密かに、2時間あればチームを変える自信があります(笑)。
………………………
★先生からのメッセージ
└人工股関節を、術前計画通り正確な位置に入れることが重要です。そのためにナビゲーションシステムを活用しています。
………………………

Q. 先生のご専門である人工股関節の手術についてお伺いしたいと思います。まず、最近よく耳にするMISとはどのような手術なのでしょうか。

Q. なるほど。患者さんの早期回復が見込めるのですね。先生ご自身がMISを採用されているのもそのためですか?

Q. 正確な位置に入れるとは具体的にはどういうことなのでしょう。

Q. ナビゲーションシステムを活用すると、設置角度の誤差はどの程度、抑えられるのですか?

Q. 大変有効な手段なのですね。手術前の計画について、もう少し詳しく教えてください。

Q. では、実際の手術では、ナビゲーションシステムはどのように使われるのでしょう。

Q. よいことばかりのようですが、デメリットもあるのでしょうか。

Q. どんな場合でも、ナビゲーションを使った方がよいということですか?

Q. 骨切り術というお話が出ましたが、それはどのような患者さんに適用されるのですか?

Q. ありがとうございました。先生のお話から、ナビゲーションシステムを使う手術は、患者さんにとって大きなメリットのあることがわかりました。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

インタビューを終えて

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation