関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
地方独立行政法人 岡山市立総合医療センター 岡山市立市民病院 (岡山県)
臼井 正明 先生
(専門:関節リウマチ)
………………………
………………………

臼井先生の一面

★1. 最近気になることは何ですか?
└コレステロールが高くなってきたこと。現在副院長という立場ですので、病院を将来どの様にしていくか、色々と勉強しています。

★2. 休日には何をして過ごしますか?
└週に1度はテニスへ。あとは息子とよくキャッチボールや卓球をします。キャッチボールでは息子の方が球が速くて押され気味ですが、卓球では私の圧勝(笑)。またフルートを娘とともに楽しんでいて、病院でもミニコンサートを開いて共演しています。
………………………
★先生からのメッセージ
└人工関節置換術は成績の安定した手術です。普通に手術をし、普通にリハビリをすれば普通によくなります。
………………………

Q. まず、ご専門である関節リウマチについて教えてください。

Q. なぜ変形するのですか。

Q. 具体的に人工関節手術が必要になる状態とは?

Q. 長く歩けないとは、どの程度のことでしょうか。

Q. なるほど、それが手術を考えるひとつの基準...。

Q. わかりました。次に人工関節手術についてお伺いします。人工関節に望まれることは?

Q. 「安全」な手術を追及されているのですね。

Q. 心強いお言葉ですね。ところで先ほど再置換というお話が出ましたが、なかには人工関節の入れ替えが必要になるケースもあるということですね。

Q. 入れ替え手術にならないように、患者さんが気をつけなければならないことは?

Q. 無理さえしなければ、神経質になることもないと。

Q. 先生ご自身も以前、椎間板ヘルニアで手術、入院されています。その経験は役に立っていますか?

Q. モットーのひとつが「ADL(日常生活動作)やQOL(生活の質)の向上」ですね。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation