関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
兵庫医科大学病院
諸岡 孝俊 先生(専門:膝関節)
………………………
兵庫医科大学病院 諸岡 孝俊 先生
………………………

諸岡先生の一面

★1.休日はどう過ごされていますか?
└プロサッカーリーグ「ガンバ大阪」のチームドクターをしているので、週末は試合観戦しています。自分も社会人のサッカーチームに所属しているのですが、最近はなかなか参加できておらず。また時間をつくって参加したいです。

★2.最近気になることは何ですか?
└ヨーロッパに比べて、日本はサッカーの盛り上がりに欠けるので、2020年の東京オリンピックに向けてもっと活気づいて欲しいですし、サッカーが文化として根付いてほしいです。

………………………
★先生からのメッセージ
└患者さんの年齢や体力、日々の活動レベル、生活環境などを総合的に踏まえたうえで、最適な治療法をご提案しています。また、痛みに対する不安にも寄り添った治療を心がけています。
………………………

Q. 年齢を重ねるにつれて、膝に痛みが出る人が多くみられますが、どんな疾患が考えられますか?

Q. 男性と女性で、罹りやすさに差はありますか?

Q. なるほど。では、変形性膝関節症はどのように診断されるのでしょうか?

Q. 患者さんはとにかく早く痛みをとりたいという気持ちが強いでしょうね。

Q. すぐに手術になるわけではないのですね?

Q. 人工膝関節にする手術というのは、どんな手術なのでしょうか?

Q. 術後はどういった流れになるのでしょうか?

Q. 人工膝関節にする一番のメリットは何でしょうか?

Q. ただ、手術には合併症を引き起こす可能性もあるんですよね?

Q. なるほど。確かに、人工膝関節以外の骨や筋肉はもとのままなので、注意が必要ですね。現在、医療の分野ではどんどん新しい技術が開発されていますが、人工膝関節置換術においてはどうでしょうか?

Q. ナビゲーションシステムというのはどんな機器なんですか?

Q. リハビリにも新しい技術はとり入れられていますか?

Q. 今後、こうした技術はどんどん進歩していくのでしょうね。

Q. それは患者さんにとって、さらなる安心になりますね。ところで、先生はなぜ整形外科医を目指されたのでしょうか?

Q. 医師として診察や治療において、心がけておられることは何ですか?

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation