関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
大室整形外科 脊椎・関節クリニック(兵庫県)
横山 徳一 先生(専門:膝関節・股関節)
………………………
横山 徳一 先生
………………………
※過去のインタビューはこちらをご覧ください。

横山先生の一面

★1.最近気になることは何ですか?
└色々な刺激を自分の糧としたいので、旅行に行ければ嬉しいですね。様々な国、地方の方や、異業種交流にもどんどん参加して、いろんな価値観に触れられたらと思っています。

★2.休日は何をして過ごしますか?
└学会や勉強会などで留守にしがちなので、何もなく家にいるときは4人の子供たちの為に、公園に連れて行ったり、買い物などに出かけています。牛乳10本が入った袋や、トイレットペーパーを山ほど抱えて歩いている人を見かけたら、私かもしれません(笑)。

………………………
★先生からのメッセージ
└「もし自分の家族だったら」を理念に、全スタッフの心を合わせたチーム医療を提供していきたい。
………………………

Q. 治療にあたって取り組まれていることについて教えてください。

Q. 医療はチームで行うものであるということでしょうか?

Q. 患者さんにより良い治療を提供することを一番に掲げていらっしゃるのですね。

Q. なるほど。具体的にはどのように取り組んでいらっしゃるのですか?

Q. 医師がしっかりこちらを向いてくれると、安心感がありますね。

Q. スタッフのことを本当に大切に考えていらっしゃるのが伝わります。

Q. 事務員も一緒に見学に?

Q. 先生のチーム医療へのお考えがよくわかりました。次に、人工関節手術への取り組みについてお聞かせください。

Q. では、先生が行っている人工関節手術についてお聞かせください。

Q. 筋肉を切らないことが患者さんの負担を軽くするのですね。

Q. なるべく自然のままにしておくことが大切であると。

Q. 筋肉で支えているとういうことは、術後もなるべく筋肉を衰えさせないようにすることが重要なのでしょうか?

Q. ここでもやはりチーム医療の重要性がわかりますね。ところで、膝の方でも筋肉や靭帯の温存に注力されているのでしょうか?

Q. 手術の方法を変えることで、術後に違和感を訴える方も減りましたか?

Q. 痛みを我慢して他の部分まで悪くなってしまうよりは、早めに相談したほうが良さそうですね。

Q. 痛みは患者さんにとって一番つらいものですよね。

Q. 先生は、手術において「型」が重要であるとお考えだと伺いました。

Q. ありがとうございました。最後に、先生が目指す医療についてお聞かせください。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation