関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
東京都済生会中央病院(東京都)
塩野 雄太 先生(専門:脊椎・脊髄外科)
………………………
塩野 雄太 先生
………………………

塩野先生の一面

★1.最近気になることは何ですか?
└体力です。仕事でも、これまでは年上の先生とご一緒することが多かったのですが、最近は若い先生と一緒にすることが多くなって、「体力あるなぁ」と(笑)。負けてられませんから意識して運動するようになりました。

★2.休日には何をして過ごしますか?
└家族で過ごす時間が何よりも楽しみです。子どもの成長には日々驚かされます。

………………………
★先生からのメッセージ
└モットーは「患者さんの立場から治療を考える」ことです。自分だったら、自分の両親だったらどんな治療を受けたいかを常に考えながら、患者さんとともに治療に向かう気持ちを大切にしています。
………………………

Q. 今回は先生のご専門である最小侵襲脊椎手術(さいしょうしんしゅうせきついしゅじゅつ:Minimally Invasive Spine Surgery (MISS))について教えていただきます。まず、どのような訴えで来院される方が多いのですか? またどのような症状が出たら受診するのが良いのでしょうか?

Q. 病態や症状によって治療の選択肢があるのですね。

Q. 必ずしも手術というものではないのですね。

Q. 手術を考えたほうが良いタイミングというのはいつでしょうか?

Q. では最小侵襲脊椎手術(MISS)とはどのような手術なのでしょうか?

Q. MISSの主な症例は?

Q. それではMISSの手術手技について少し具体的に教えてください。

Q. こうした手術は高齢の方にもできるのですか?

Q. 手術手技の進歩だけではなく、それを支える治療や技術も進歩しているのですね。

Q. MISSはやはり難しい手術なのですか?

Q. MISSは他の手術に比べ入院期間はどれくらいでしょうか?

Q. 最小侵襲手術では他にメリットはありますか?

Q. 手術のあと、日常生活で気を付けることはありますか?

Q. 最後に先生が医師を志されたきっかけ、治療にあたってのモットーをお聞かせください。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation