関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
東邦大学医療センター 佐倉病院(千葉県)
中島 新先生(専門:膝関節)
………………………
中島 新 先生
………………………

中島先生の一面

★1.最近気になることは何ですか?
└来年、整形外科に何人若い先生が入ってきてくれるかが気になっています。

★2.休日は何をして過ごしますか?
└休日はジョギングをしています。健康のためでもありますが、走ることが活力の源になっています。

………………………
★先生からのメッセージ
└患者さんが回復されて、「先生、こんなに歩けるようになりました!」と大喜びでお話しされるとき、医者冥利に尽きるなと思います。
………………………

Q. 本日は、先生のご専門である膝関節についてお伺いします。まず、膝関節の仕組みについて教えてください。

Q. では、人工膝関節の適応となる疾患について教えてください。

Q. 脆弱性骨折とはどのようなものですか?

Q. 変形性膝関節症の診断はどのようにされるのですか?

Q. 靭帯や軟骨が元気であれば、人工膝関節手術よりも骨切り術の方が良いのでしょうか?

Q. 変形性膝関節症などで痛みが出た場合、手術するしかないのでしょうか?

Q. ヒアルロン酸にはどのような効果があるのでしょうか?

Q. では、手術を決断するタイミングは?

Q. 人工膝関節手術にも色々な方法があると聞きますが、先生はどのようなことを大切に考えていらっしゃいますか?

Q. 靭帯のバランスが取れないと、どのような不具合が起こるのでしょうか?

Q. ありがとうございました。ところで先生はアメリカへの留学経験がおありですが、どのような研究をなさっていたのですか?

Q. 最後に、先生が整形外科医になって良かったと思うエピソードなどをお聞かせください。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation