関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
独立行政法人 国立病院機構 東京医療センター 脊椎脊髄センター(東京都)
加藤 雅敬(専門:脊椎脊髄外科)
………………………
加藤 雅敬 先生
………………………

加藤先生の一面

★1.最近気になることは何ですか?
└日本の医療は今後どうなるのかと、真剣に考えています。高齢化、増え続ける医療費、それをまかなう財源の不足など、問題は山積みです。まだ答えはありませんが、制度改革も含めて誰もが考える時期がきていると思っています。

★2.休日は何をして過ごしますか?
└休日はもっぱら家族サービスです。子どもと遊んだり、たまには遊園地に連れて行ったりしています。遊園地では大喜びの子どもですが、ふだんの姿は反抗期そのもの。毎回知っている限りの罵詈雑言を並べて立ち向かってくる彼と、楽しく? やり合っています(笑)。

………………………
★先生からのメッセージ
大切なのは、「その人にとって最適な治療」を行うことです。患者さんの生活環境や生活背景まで考えながら治療にあたり、少しでも地域貢献ができたらうれしいと思っています。
………………………

Q. 先生のもとへ受診される方々には、どのような患者さんが多いのでしょうか?

Q. 低侵襲手術とはどのようなものでしょうか?

Q. MIS-TLIFの術式を具体的に教えてください。

Q. 頸椎症性脊髄症に関しても、「選択的椎弓切除術」(skip laminectomy)という低侵襲の術式があるとお聞きしています。どのような術式なのでしょうか?

Q. 低侵襲手術と従来の手術では、術後の状態にどのような違いがありますか。

Q. それだけのメリットがあれば、どの患者さんもできるだけ低侵襲の手術を希望されるかと思いますが、従来の手術法も継続されているのはなぜでしょうか?

Q. 低侵襲手術が増えることによって、より多くの患者さんが短期の入院ですんでいるということですが、退院後の生活やリハビリなどについては、どのようなフォローをされていますか?

Q. 手術を受けられた患者さんに、その他のアドバイスはありますか?

Q. 先生は「地域密着の医療」であることに特に注力されていると伺っています。なぜ、そのような方針を取られるようになったのでしょうか?

Q. 具体的には、どのような取り組みで地域と関わられているのですか?

Q. 先生が日々の診療を行っていくうえで、心がけていらっしゃるのはどんなことでしょうか?

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation