関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
虎の門病院(東京都)
山本 精三 先生
(専門:人工股関節・人工膝関節)
………………………
山本 精三 先生
………………………
※こちらのページでは人工膝関節についてお話されています。人工股関節についてはこちらをご覧ください。

山本先生の一面

★1. 好きな言葉
└“Start Today, Tomorrow Never Comes”
 今日から始めよう。でなければ明日は永遠にやってこない。

★2. 最近気になることは何ですか?
└経済学者のガルブレイスという方の著書を読みました。終戦の年に日本に来て調査をして、戦後復興や原爆投下などについて様々な考えを提示した方です。今の日本に見られる、地方自治体のトップの人が元気な現状も予測したりしていて、大変興味深いものがありました。
………………………
★先生からのメッセージ
└何より、行動の自由がずっと続くというのは大事な事です。
………………………

Q. 先生ご自身もひざの痛みを感じておられた時があったとうかがいました。どのような痛みだったんでしょうか?

Q. 先生は10kgの減量で痛みを解消されたということですが、すごいですね。それほど減量は有効なのでしょうか?

Q. それでまず、体重を減らすことを患者さんに奨められているんですね。

Q. 具体的にはどのように指導されておられるんでしょうか。

Q. 女性の患者さんにとって、体重を減らしなさいという指導はつらいものがあると思うのですが、「えっ」という反応が多いのではないですか。

Q. 少し話が変わりますが、先生は、変形性ひざ関節症の患者さんが板橋区にどれほどおられるか、という研究をされたとうかがいました。その結果から患者さんに参考になる情報がありますか。

Q. 患者さんに対して体重を減らすことの大切さを訴えておられる先生ですが、最近は加えてロコモティブシンドロームについても積極的にお話されているそうですね。ロコモティブシンドロームについて教えてください。

Q. ロコモを意識した方がよいのは、またロコモーション・トレーニングをやったほうがいいのは何歳ぐらいからですか。

Q. 思ったより早いように感じました。

Q. ご高齢のご家族のために、関節痛や人工関節について情報を探したり、先生にお話をうかがって勉強されてこられた方が、このインタビューを読まれて、「私もそろそろロコモかな」と、ご自身の問題と認識いただけるとうれしいですね。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation