関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
国家公務員共済組合連合会 虎の門病院(東京都)
福島 成欣 先生(専門:脊椎脊髄外科)
………………………
福島 成欣 先生
………………………

福島先生の一面

★1.最近気になることは何ですか?
└腰を痛めているので太らないようにしています。筋力トレーニングもしていますが、最近はどうしたら腹筋がきれいに割れるか考えています。

★2.休日は何をして過ごしますか?
└5歳の娘と2歳の双子の娘がいて、平日はなかなか会えませんので、休みの日はなるべく一緒に遊ぶようにしています。

………………………
★先生からのメッセージ
└高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症は、今や内視鏡手術で対応できる時代です。
………………………

Q. 先生のご専門である脊椎の疾患にはどのようなものがあるのでしょうか?

Q. 腰部脊柱管狭窄症とはどういう疾患ですか?

Q. なるほど。では、なぜ脊柱管が狭くなってしまうのですか?

Q. ということは、誰でもなりうる疾患なのですね。治療にはどんな方法がありますか?

Q. 先生は患者さんの体の負担が少ない低侵襲手術(ていしんしゅうしゅじゅつ)に取り組まれているとお聞きしています。ぜひ詳しく教えてください。

Q. 狭くなっている通り道を広げるとはどういうことですか?

Q. 侵襲が少ないと回復も早そうですね。

Q. 脊柱管狭窄症ならすべての症例で内視鏡の手術をされているのですか?

Q. 内視鏡で固定術にも対応できるとは少し驚きです。

Q. 手術は本当に進歩しているのですね。一方で合併症が心配です。

Q. 安全性の高い手術といえますね。

Q. わかりました。それでは手術後、日常生活で気をつけることはありますか?

Q. 運動はできるようになるのでしょうか?

Q. 定期検診はとても重要なのですね。

Q. 内視鏡の手術はメリットが多いのですね。

Q. ご自身もそうだということは、患者さんのお気持ちもとてもよくおわかりになると思います。最後に、ちょっと余談になりますが、先生が整形外科医を志された理由を教えていただけますか?

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation