関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
東京慈恵会医科大学附属病院(本院)(東京都)
藤井 英紀 先生(専門:股関節)
………………………
藤井 英紀 先生
………………………

藤井先生の一面

★1.最近気になることは何ですか?
└健康ですね。自分や家族のためだけでなく、手術を待っておられる患者さんのためにも健康でいなくてはなりません。

★2.休日には何をして過ごしますか?
└冬にはスキーが定番です。普段はジムに行ったり妻と買い物に出かけたりしています。

………………………
★先生からのメッセージ
└変形性股関節症の治療方法は著しく進歩しています。より良い人生の再スタートは、それぞれの患者さんに対するベストな治療方法を選び取ることから始まります。
………………………

Q. まず初めに股関節の構造や特徴について教えてください。

Q. 股関節の疾患には主にどのようなものがありますか?

Q. 寛骨臼形成不全になる原因はあるのでしょうか? また、それがなぜ変形性股関節症につながるのですか?

Q. 変形性股関節症の初期の自覚症状はやはり痛みでしょうか?

Q. 関節唇損傷の治療にはどのような方法があるのでしょうか?

Q. 寛骨臼形成不全を伴う場合の手術とは?

Q. 患者さんに応じてさまざまな手術法があり、それを組み合わせることもあるのですね。

Q. 保存的治療とはたとえばどのようなことをするのですか?

Q. そうしたさまざまな治療でも痛みが軽減しない、というときには人工股関節手術でしょうか?

Q. 患者さんにはメリットの大きい手術ですね。人工股関節手術はとても進歩しているという記事を読んだことがあります。

Q. セメントタイプとセメントレスタイプは使い分けされるのですか?

Q. 手術手技の進歩についてはいかがでしょうか?

Q. 正確、安全な手術のために取り組まれていることはありますか?

Q. 先生のお話から治療の選択肢の多さ、人工股関節の進歩がよくわかりました。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation