関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
医療法人 豊仁会 三井病院(埼玉県)
田中 伸明 先生(専門:人工股関節・人工膝関節)
………………………
田中 伸明 先生
………………………

田中先生の一面

★1.最近気になることは何ですか?
└アメリカ大統領もトランプに決まりましたし、今は今後の世界情勢が気になります。

★2.休日は何をして過ごしますか?
└妻と旅行したり、飼っているチワワと遊んだりするのが楽しみです。あと、やはり体が資本なので、定期的にジムでトレーニングをしています。

………………………
★先生からのメッセージ
└関節が痛いというのはとてもつらいものです。痛みを取ることができれば、歩ける、スポーツができる、旅行もできる。日常生活や人生そのものを前向きに楽しんでほしいと思っています。
………………………

Q. 人工関節センターの特長とは何でしょうか?

Q. 次に、先生のご専門である股関節、膝関節の主な疾患について教えてください。

Q. そういった疾患で関節が痛む場合、やはり手術が必要なのでしょうか?

Q. では、どのような場合に手術が必要になるのでしょうか? また、手術には人工関節以外の方法もあるのでしょうか?

Q. 人工骨頭手術というのはどのような手術ですか?

Q. 骨頭を取り換えるということは、骨頭部が壊れてしまう大腿骨頭壊死症にもできる手術でしょうか?

Q. よくわかりました。次に、こちらで行われている人工股関節手術の特徴についてお聞かせください。

Q. 傷が小さいということは、感染症のリスクも軽減されるのでは?

Q. 入念な術前計画が大切なのですね。ちなみに、感染症を起こしやすいのはどんな方ですか?

Q. 術前コントロールといえば、体重も手術に影響しますか?

Q. ありがとうございました。最後に、先生が整形外科医を目指されたきっかけをお聞かせください。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation