関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
徳島厚生連 吉野川医療センター(徳島県)
米津 浩 先生
(専門:股関節・骨粗鬆症)
………………………
米津 浩 先生
………………………

米津先生の一面

★1.最近気になることは何ですか?
└東日本大震災以降、各地で地震や火山の噴火が増加しています。徳島県は南海トラフ巨大地震が発生したら、その影響を受ける可能性がありますから心配です。

★2.休日は何をして過ごしますか?
└最近、体力の衰えを感じていますので、ジムに通って汗を流しています。また普段は家に帰るのが遅いので、休日はできるだけ家族と過ごすようにしています。

………………………
★先生からのメッセージ
└人工股関節は患者さんにとって生涯を共にするもの。そのことを第一に考え、手術に臨んでいます。
………………………

Q. 今回は股関節疾患と、その治療法についてお伺いします。まず主な疾患とその原因、症状などについて教えてください。

Q. 代表的な疾患である変形性股関節症では、患者数はどれくらいなのですか? 性別や年齢など患者さんの傾向というのはあるのでしょうか?

Q. 老化による姿勢異常とは具体的にどういうことですか?

Q. なるほど。高齢化が進み、変形性股関節症の患者さんは更に増えていきそうですね。

Q. 変形性股関節症の治療は手術しかないのですか?

Q. 自宅でのリハビリではなく、通院の必要があるということでしょうか。

Q. 痛みが取れれば続けなくて良いのですか?

Q. それでは手術を行う時期とは?

Q. 人工股関節手術を行う、形態上の判断基準はどのようなものなのでしょうか?

Q. 人工股関節には形状や機能で種類があるようですね。

Q. 現在、人工股関節の耐用年数はどれくらいなのですか?

Q. 人工股関節は具体的にどこがどう進歩したのでしょうか?

Q. よくわかりました。手術後ですが、疼痛(とうつう)コントロールやリハビリで、独自の取り組みなどされていますか?

Q. それは安心です。では、人工股関節を長く使うために気をつけたほうが良いことはありますか?

Q. 手術後も、定期検診が本当に大事というわけですね。最後に、患者さんを治療する際に、先生が大切にされていることをお聞かせください。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation