関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
佐賀県医療センター好生館(佐賀県)
前 隆男 先生
(専門:股関節)
………………………
前 隆男 先生
………………………

前先生の一面

★1.最近気になることは何ですか?
└膝関節の内側が痛くなってきまして、靴に足底板を入れ体重も5s減らしました。患者さんには「僕も痛いよ」といっています。そうすると親近感を持っていただけるようです(笑)。

★2.休日は何をして過ごしますか?
└妻に車の運転をお願いして日帰り温泉へ行き、食事とお酒を楽しんでいます。
………………………
★先生からのメッセージ
└「足の裏に体重をかけて歩く」ことは、人間にとって、とても重要なことです。
………………………

Q. 最近、メディアなどで変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)が取り上げられることが増えていますが、それだけ患者さんが多いということでしょうか?

Q. 変形性股関節症とはどのような病気で、主な原因は何なのでしょうか?

Q. 人工股関節手術の症例数が多いということですが、変形性股関節症の治療は人工股関節手術以外の選択肢はないのでしょうか?

Q. 手術にも種類はあるのですか?

Q. 人工股関節の寿命はどれくらいなのですか?

Q. それは期待したいですね。次に、手術についてお聞きします。先生は、新しい手術方法を採用されているそうですが、詳しく教えてください。

Q. 前方からのアプローチの一番のメリットは、脱臼のリスクがかなり低減するということなのですね。

Q. 術後の痛みは心配ですが、それを聞くと少し安心できます。

Q. 疼痛コントロールにも何かトピックはありますか?

Q. 痛みがリハビリに与える影響も大きいのでしょうね。

Q. リハビリ期間はどれくらいなのでしょうか?

Q. いろいろなことが好転したのですね。ところで先生は骨盤骨折の専門家でもいらっしゃいます。このことについてもぜひ教えてください。

Q. 骨盤骨折は大変厳しい外傷なのですね。

Q. ありがとうございました。最後に、先生が治療をされる上で大切にされていることを聞かせてください。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation