関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
宇多野病院(京都府)
安東 慶治 先生
(専門:膝関節)
………………………
安東 慶治 先生
………………………

安東先生の一面

★1.最近気になることは何ですか?
└50歳を過ぎて体力が少し落ちてきたかなと。いつも患者さんにいっていることを自らにも課さなければと考え、スポーツクラブに通い始めました(笑)。

★2.休日は何をして過ごしますか?
└スポーツクラブで汗を流しています。映画鑑賞や読書でゆっくり過ごすことも多いです。
………………………
★先生からのメッセージ
└整形外科は患者さんが最終的に手術となっても、ほとんど前よりも良くなって帰られる、笑顔になれるということに、きっとやりがいがあるはずだと思って整形外科医を志しました。そして実際にその通りでした。
………………………

Q. 変形性膝関節症は患者さんの数がとても多いそうですね。この疾患の原因は何なのでしょうか?

Q. O脚の方はどうして変形性膝関節症になりやすいのですか?

Q. どうして日本人にO脚が多いのでしょうか?

Q. 変形性膝関節症を予防することは難しいのでしょうか?

Q. わかりました。では治療法についてお聞きします。手術以外の選択肢もあるのでしょうか?

Q. 保存療法で改善がみられない場合は?

Q. 人工膝関節手術には種類があるのですか?

Q. さまざまなご判断から全置換術を採用されているのですね。この人工膝関節全置換術の手術手技は、やはり進歩しているのでしょうか?

Q. 手術手技の進化は人工膝関節の耐用年数にも良い影響を与えていそうですね。

Q. 手術時間はどれくらいですか?

Q. 合併症についても心配ですが...。

Q. 少し安心しました。それでも手術には不安を訴えられる患者さんもいらっしゃるのではないですか?

Q. 手遅れとは?

Q. 手術のタイミングを逃さないことも大事なのですね。

Q. ではリハビリについて、先生のお考えなどをお聞かせください。

Q. 目標に向かって各自のペースでリハビリできるのは良いですね。ところで難病の患者さんにも人工膝関節手術をされているそうですね。

Q. ありがとうございました。最後に、先生が整形外科医を選ばれた理由を教えてください。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation