関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
さいたま赤十字病院(埼玉県)
石井 研史 先生
(専門:股関節)
………………………
石井 研史 先生
………………………

石井先生の一面

★1.休日は何をして過ごしますか?
└天気の良い休日には散歩することが多いです。筑波山には年間10回くらい散策に出かけます。春の連休は四国遍路道を徒歩でお参りしています。夏休みは北アルプスや八ヶ岳に登ります。歩くといろんなことに気がつくし、気分がすっきりしますね。

★2.最近気になることは何ですか?
└当院の整形外科医師数は現在15人です。大学以外でこれほど人材が多い施設はなかなかないでしょう。うまく協業と分業をすれば、すばらしい結果を出せるのではないかと思います。みんなが働きやすい環境を整えることに気を配っています。
………………………
★先生からのメッセージ
└私の手術は患者さんの命を救うものではありませんが、患者さんの人生を楽しめるようにするのが目的ですから、縁あって私のところにいらした患者さんが人生を楽しんでおられると聞くのが一番うれしいですね。
………………………

Q. 今回は人工股関節の手術について、石井先生に医療現場での最新状況についてお伺いします。まず、人工股関節手術の成績は昔に比べてどれくらい向上しているのでしょうか?

Q. 人工関節の耐用性はどのようにして決まるのでしょうか?

Q. 手術中に起こりうる事態に対応する能力が必要なのですね。

Q. どのようなテストをされているのでしょうか?

Q. それらのテストに合格した手術では、患者さんの動作の制限はなくなるのでしょうか?

Q. 手術中に起こりうる事態に対応する能力が必要なのですね。

Q. 手術のリスクも低減されてきているのでしょうか?

Q. 万一、手術後の入院中に何かあったら大変ですね。

Q. 人工関節を正確な位置に設置するための、技術的な進歩についてはいかがですか?

Q. 治療には医師の信念も大切なのですね。

Q. 術後のリハビリテーションにも新しい試みがされているのでしょうか?

Q. 先生が関節痛に悩まれている患者さんにお伝えしたいことは何ですか?

Q. 差支えなければ、これまでに先生が治療された中で、印象に残っている患者さんがあれば教えてください。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation