関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
さいたま赤十字病院(埼玉県)
泉 亮良 先生
(専門:股関節・膝関節)
………………………
泉 亮良 先生
………………………

泉先生の一面

★1.最近気になることは何ですか?
└日本の医療制度の行く末でしょうか。特に患者さんの医療費の負担がどうなっていくのか気になります。

★2.休日には何をして過ごしますか?
└家族との時間を大事にしています。まだ子どもが小さいので、よく面倒を見ていますよ(笑)。
………………………
★先生からのメッセージ
└ご高齢の方でも、人工膝関節、人工股関節にして苦労なく動ける、その状態を医師がキープしてあげることが、元気でいられる理由だと思います。
………………………

Q. 膝、股関節で、人工関節の適応となりうる疾患には、どのようなものがありますか?

Q. 一次性あるいは特発性とは、原因がはっきりしないということですか?

Q. では変形性股関節症の原因とは何でしょうか?

Q. 肥満は大敵なわけですね。

Q. 変形すると、関節を滑らかに動かすことができなくなりそうですね。

Q. 最近、"人工関節センター"という名称をよく聞きますが、人工関節手術がそれだけ身近になったということでしょうか?

Q. わかりました。人工関節手術が最終的な手段ということは、やはりまずは保存療法ということでしょうか?

Q. 手術イコール人工膝関節全置換術(じんこうひざかんせつぜんちかんじゅつ)、人工股関節全置換術(じんこうこかんせつぜんちかんじゅつ)でしょうか?

Q. なるほど。人工関節ならそれが叶う確率が高いというわけですね。

Q. そんなに若い年代で入れても一生大丈夫な可能性があるのですか?

Q. 40代、50代で保存療法ではなく、手術を希望される方もいらっしゃると思うのですが。

Q. 人工関節手術は、今や幅広い年齢層の方に行うことができるのですね。

Q. 素晴らしいですね。よく動けて元気でいるためにも、人工関節の良い状態をキープすることが大切なのですね。

Q. 実際、手術はどのように行われるのですか?

Q. 人工股関節全置換術で前方アプローチを採用されているのはなぜですか?

Q. 楽というのは具体的には...?

Q. 確かにそうですね。ところで人工関節も進化しているのでしょうか?

Q. わかりました。痛みについてですが、手術後にはほぼ取れると考えていいのでしょうか?

Q. その痛みで来院される方もあるのでしょうね。

Q. よくわかりました。リハビリについては何か特長がありますか?

Q. 手術後、入院期間はどれくらいでしょうか?

Q. 退院後に気をつけたほうが良い点についても教えてください。

Q. 「健康に気をつけて、よく歩いて長生きを」ということですね。

Q. それはまた勇気づけられるエピソードですね。最後に先生の治療に対するモットーをお聞かせください。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation