関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
聖隷三方原病院(静岡県)
吉田 正弘 先生
(専門:膝関節)
………………………
吉田 正弘 先生
………………………

吉田先生の一面

★1.最近気になることは何ですか?
└運動不足にならないように心掛けています。だから通勤は、雨が降らない限りは自転車で通っています。30分で約10kmの道のりです。週に2回はテニスもしています。

★2.休日には何をして過ごしますか?
└趣味のテニスか、病院に来ていますね。平日はなかなか入院中の患者さんを回れないので、土日に回ることが多いんです。
………………………
★先生からのメッセージ
└地域柄、農業に戻ることを希望されている患者さんも多いですね。
その実現のために、人工膝関節手術はおおいに力を発揮しています。
………………………

Q. 今回は人工膝関節の手術の流れについてお尋ねします。手術前の入院時期とそれまでの間、患者さんにはどのような準備があるのでしょうか?

Q. ちょっとした注意や心がけが大切なのですね。それでは入院後と手術前日にはどのようなことをするのですか?

Q. 術前に膝関節の状態を詳細に把握することはとても重要なのですね。その状態しだいで、術後の回復に影響があるのでしょうか?

Q. 自己血を採る、ということも聞いたことがあるのですが。

Q. 麻酔は全身麻酔とおっしゃられました。

Q. 全身麻酔のできない方はどうすれば良いのでしょうか?

Q. 実際、手術のときの切開の大きさはどれくらいなのですか?

Q. 人工膝関節は具体的にはどのように置き換えられるのでしょうか?

Q. 人工膝関節には種類があるのですか?

Q. その2種類はどのように使い分けを?

Q. セメントタイプのメリットは?

Q. 感染のリスクに対して十分に配慮されているわけですね。

Q. 合併症としては血栓についてもよく聞きます。

Q. 早期のリハビリというのは具体的にいつから始めるのですか?

Q. なるほど。ところで麻酔はそんなに早く覚めるものなのですか?

Q. 術後の痛みはどうでしょう? 硬膜外ブロックでコントロールできますか?

Q. 先生のお話をお聞きして、患者さんの症状に応じた手術が用意されていることが理解できました。手術後の入院期間はどれくらいでしょうか? またリハビリに関して、特に取り組まれていることはありますか?

Q. 次に退院後ですが、やはり定期検診は重要でしょうね。

Q. 退院後の生活で注意しておいたほうが良いことはありますか?

Q. よくわかりました。先生が人工膝関節手術をされる際に、特に気をつけておられることを教えてください。

Q. といいますと?

Q. 微妙なバランス調整が必要なのですね。後十字靭帯を切除しないタイプの人工膝関節もあるということなのですか?

Q. 靭帯のバランスを整え正確に設置された人工膝関節では、耐用年数はどれくらいでしょうか?

Q. 人工膝関節ぜんぶを入れ換えるのではなく、部品交換でいけるのですか?

Q. そのための定期検診でもあるのですね。

Q. 定期検診の重要性を再認識しました。話は変わりますが、先生は脊椎のご専門でもいらっしゃいますね。

Q. 総合的に診ていただけると安心ですね。

Q. 関節リウマチとはまた違って、軟骨が傷んで骨の棘が出てきて曲がってしまうんです。つまり、変形性膝関節症や股関節症と原因が似ているということです。そういう症状の出る方は、他の関節まで変形してしまっていたり、首や坐骨神経痛が出たりということが多いように思います。

Q. 変形した指の治療については?

Q. 指の変形は、ひとつのサインと捉えて早めに診ていただくほうがいいですね。

Q. いろいろと教えていただきありがとうございました。最後に、印象に残っている患者さんはいらっしゃいますか?

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation