関節が痛い
「人工関節とは?」の詳しいご説明と、関節痛や股関節・膝関節の痛み(股関節痛、膝関節痛、骨折等)の情報をご提供するサイト
先生があなたに伝えたいこと
………………………
大室整形外科 脊椎・関節クリニック(兵庫県)
横山 徳一 先生
(専門:人工関節手術(膝関節・股関節))
………………………
横山 徳一 先生
………………………
※最新のインタビューはこちらをご覧ください。

横山先生の一面

★1. 最近気になることは何ですか?
└将来の日本のこと。あまり楽観的な未来がやってくるとはいえないかもしれませんが、その中で、自分の子も含めて子ども達が夢を持てる社会であってほしいと思います。そのために今からどうすべきかを考えることがよくあります。

★2. 休日には何をして過ごしますか?
└子どもが4人おりまして、一番下の2歳の子を公園に連れて行ったり、じゃれて遊んでいます。本屋さんにはかなり出現していますが、子供のお稽古などの運転手をしてることも多いですかね。子育ての難しさも実感中です(笑)。
………………………
★先生からのメッセージ
└「もし自分の家族だったら」を理念に、患者さんと距離の近いチーム医療を提供していきたい。
………………………

Q.まず、人工関節を一つの柱としたクリニックを展開する利点について、どのようにお考えでしょうか。

Q.理念とは?

Q.クリニックの役割についてはいかがでしょうか。

Q.先生のお話を聞いていますと、地域におけるクリニックの重要性がよくわかります。先生は大病院からクリニックへ移られたわけですが、そのときの思いを教えていただけますか。

Q.それでは、チーム医療についてどのようなお考えをお持ちなのか、ぜひ聞かせてください。

Q.なるほど。チーム医療において医師は船長であると。

Q.目指すチーム医療のために、具体的にはどのようなことを行っているのですか?

Q.次に、人工関節手術に対して、先生はどのように考え、取り組んでおられるのか教えてください。

Q.患者さんのそのような様子を見るのが、先生としては何よりの喜びでしょうね。

Q.まるで家族のような...。

Q.なるほど、人対人としてちゃんと向き合うことが先生の治療の基本なんですね。

Q.きちんとした説明は患者さんに安心感を与えますよね。

Q.そういえば診察室で、電子カルテはクラーク(※)の方が打たれていて、先生は患者さんの目を見て、体を乗り出すように患者さんのお話を聞き、説明をしておられるのが印象的でした。

Q.これからのクリニックについてはいかがでしょうか。

Q.最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

………………………

その他の先生のインタビューを見る


[0]ホーム
[1]ロコモ対策室〜どこでもロコトレ〜
[2]先生があなたに伝えたいことTOP
[3]病院検索TOP
[4]友達に教える

※当サイトを閲覧する際、「パケット通信料」がかかります。「パケット通信料」はご契約されている携帯電話会社・ご契約の内容により異なります。必ずご確認下さい。
※サイトに掲載されている医療情報は医師の監修を受けていますが症状には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。
© KYOCERA Corporation