人工関節のページ / 市民講座どんなお話でした? / 香川県高松市での市民講座

市民講座どんなお話でした?

香川県高松市での市民講座

正しく理解する ひざ・股関節の痛みとその治療法

講師:
【高松赤十字病院】
第一整形外科部長 三橋 雅 先生
リハビリテーション科部長 西岡 孝 先生

2011年7月30日(土)香川県高松市にて市民講座が開催されました。

三橋先生の講演 第1部では「ひざ関節の痛みと治療法」をテーマに三橋先生より講演いただきました。ひざ関節の仕組みから、変形性ひざ関節症の病態、診断、治療と幅広く紹介され、イラストや写真によるわかりやすい講演に、多くの方が真剣にメモをとっておられました。

西岡先生の講演 第2部では西岡先生が「股関節の痛みと治療法」について講演されました。股関節の痛みを引き起こす病気、そしてその症状と治療を紹介いただきました。その中でも特に人工股関節手術の利点と欠点、問題点とその対処法について詳しく説明され、手術に対する正しい知識を身につけてほしいというメッセージを伝えられました。

質疑応答の様子 第3部の質疑応答 一部ご紹介
Q.人工関節手術後でも適度な運動は必要ですか?
A.はい。例えば毎日1時間以上も歩くのはどうかと思いますが、人工関節の摩耗を心配してじっとしているのは筋肉を劣らせますし、長い目で見るとよくありません。
Q.人工関節手術には医療保険はききますか?大体いくらくらいですか?
A.はい、ききます。医療費の3割(もしくは2割)負担により約40万円程度になります。さらに高額療養費制度により、実際に支払う額は10万円ほどではないでしょうか。ただし入院期間によっても変わってきます。ご注意ください。

人工関節のページ

ページトップへ戻る

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!