先生があなたに伝えたいこと / 【秋元 博之】人工股関節手術によって痛みから解放されると、患者さんの顔が見違えるように明るくなり、その姿を見ると私も嬉しくなります。

先生があなたに伝えたいこと

【秋元 博之】人工股関節手術によって痛みから解放されると、患者さんの顔が見違えるように明るくなり、その姿を見ると私も嬉しくなります。

独立行政法人 国立病院機構 弘前病院 秋元 博之 先生

独立行政法人 国立病院機構 弘前病院
あきもと ひろゆき
秋元 博之 先生
専門:股関節

秋元先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 青森県は医療過疎地です。医師が少なくて患者さんが多い。これからの青森県を支える若い医師がたくさん育ってほしいと心から願っています。

2.休日には何をして過ごしますか?
 ジョギングとジム通いです。体力を維持するため一生懸命に筋トレをしています。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr243.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

人工股関節手術によって痛みから解放されると、患者さんの顔が見違えるように明るくなり、その姿を見ると私も嬉しくなります。

Q. まず股関節の仕組みと、代表的な疾患について教えてください。

A. 股関節は、大腿骨(太ももの骨)の一番上に大腿骨頭といわれるボール状のものがあって、これが骨盤の臼蓋の中にはまり込む形をしています。上半身と下半身をつなぐ大きな関節で、体重を支え、立つ、歩くといった動作に大きく関与する関節ですから、痛みが生じると生活がとても不便になります。
その疾患で、最も多いのは変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)です。ほかにも大腿骨頭壊死症(だいたいこっとうえししょう)関節リウマチなどがあります。

変形性股関節症

大腿骨頭壊死症

Q. 変形性股関節症とはどういう疾患なのでしょうか?

独立行政法人 国立病院機構 弘前病院 秋元 博之 先生A. 女性に多い疾患で、40代から50代で発症し、その後徐々に進行します。クッションの役割をしている関節軟骨がすり減ることで、痛みや変形が生じてしまうのです。変形性股関節症には一次性と二次性があり、日本人の場合は二次性が圧倒的に多いです。一次性は特別な理由がなく関節が傷んでしまうものです。二次性は、生まれ持って臼蓋(きゅうがい)の被りが浅いために、体重を支える面積が小さくなって余計な負荷がかかるため、使っているうちにだんだん関節が傷んでしまいます。臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)と呼ばれています。

Q. 大腿骨頭壊死症とはどのような疾患なのでしょうか?

A. 血流が悪くなって大腿骨頭が壊死してしまう疾患で、症状が進むと骨がつぶれてしまって股関節が変形します。こちらは女性よりは男性に多く、主な原因として2つあげられます。ひとつはアルコールの過剰摂取で、もうひとつは治療用ステロイド剤の多量使用です。

独立行政法人 国立病院機構 弘前病院 秋元 博之 先生Q. それでは変形性股関節症の治療について教えてください。すぐに手術が必要ですか?

A. 症状が軽いうちは保存療法です。消炎鎮痛剤やリハビリテーションで様子をみます。リハビリテーションというのは筋力強化です。最初に理学療法士が指導し、自宅で股関節周囲の筋肉をしっかり鍛え、関節を安定させます。これらの保存療法でも症状が改善しない場合は手術を検討します。

Q. 手術に種類はあるのですか?

A. 二次性の場合で年齢が若く、まだ変形が軽度な場合は、人工股関節手術の前に骨切り術(こつきりじゅつ)があります。これは、臼蓋の周りの骨を丸いノミでくり抜くようにして、臼蓋を前側方に回転させ骨頭を覆うようにする、寛骨臼回転骨切り術(かんこつきゅうかいてんこつきりじゅつ)という方法です。

寛骨臼回転骨切り術

独立行政法人 国立病院機構 弘前病院 秋元 博之 先生Q. 骨を切ってしまってつなぐということは、やはり回復力が強い、若い患者さんのほうが適しているのでしょうか?

A. そうです。年をとると骨同士が付く力や筋力の回復がどうしても悪くなります。そういう意味では若ければ若いほど術後の回復は早いでしょう。それに、しっかりした股関節を再建できれば、一生そのままで人工股関節にしなくても良い可能性も高くなります。

Q. では、人工股関節手術についてお聞きします。手術法や人工股関節そのものは進歩しているのでしょうか?

A. 手術法としては、当院では前方から切開して股関節に至る「前外側アプローチ法」を採用しています。これは、体の前側からメスを入れる方法です。この方法では、筋肉を切らずに分け入って股関節まで到達できるというメリットがあります。反対に後方からのアプローチ法では股関節周囲の筋肉を切らなければならないため、股関節の不安定化による人工股関節の脱臼を起こすデメリットがあります。前外側アプローチ法は、筋肉を温存するのでリハビリの開始も早くなり、結果的に入院期間も短くなります。

前外側アプローチ法

但し、股関節が高度に変形していたり、骨頭が臼蓋からはみ出して上にずれていたりするような場合は、後方からのアプローチ法を選択する場合もあります。症状によって適した手術法を使い分けています。
人工股関節については、ライナーと呼ばれる軟骨の役割をするポリエチレン部分の材質が良くなったので、すり減りにくくなりました。ポリエチレンの摩耗が進むと、人工股関節を入れ換える必要がありますが、摩耗しにくくなったのでいわゆる耐用年数を延ばすことができました。また、摩耗しにくいということはライナー自体を薄くすることができますので、その分、大きな骨頭ボールを入れることができます。大きな骨頭ボールは、ジャンピング・ディスタンスといって骨頭ボールがライナーから飛び出すまでの距離をかせぐことができ、以前のものに比べて脱臼も起こしにくくなりました。

人工股関節手術の例

人工股関節手術の例

ジャンピング・ディスタンスの図

骨頭ボールが小さい場合 骨頭ボールが大きい場合

独立行政法人 国立病院機構 弘前病院 秋元 博之 先生Q. 実際に耐用年数はどれくらいでしょうか?

A. 現在のものなら、20年以上は期待できると思います。以前は人工股関節の入れ換え手術を考慮して60歳まで人工股関節の手術を待っていただくこともありました。しかし、現在では痛みのために生活に大きな支障がでているのなら、人工股関節手術で痛みのない生活を長く送っていただくという選択も可能となったのです。世の中の流れも、患者さんの生活の質(QOL)を重視するようになってきていると思います。

Q. 若く発症したとしても、長い期間痛みに耐える必要はなくなっているのですね。では、リハビリと入院期間はどれくらいなのでしょうか?

A. 先ほど説明した前方からのアプローチ法の場合、痛みがなければ翌日から立って歩く練習を始めます。そして1週間ほどで杖をついて歩けるようになります。仕事の都合や子育て中などで早く帰りたい方は、そこがひとつの退院の目安となります。また、当院のように地方の病院には、かなり遠くから来られる患者さんも少なくありません。しっかりリハビリしてからでないと退院は不安だという患者さんには、1ヵ月くらい入院していただいています。1ヵ月あれば普通に歩けますし、階段の昇り降りなども自信を持って帰っていただけます。

Q. 手術といえば合併症も気になりますが。

独立行政法人 国立病院機構 弘前病院 秋元 博之 先生A. 人工股関節手術の合併症は、以前は術後の脱臼があげられていましたが、当院では先ほどお話ししたように前方からやることで、脱臼はほぼゼロとなっています。現在では感染が最も注意しなければならないものとなっています。細菌は金属に集まる性質があり、体内に大きな金属が入るほど細菌感染が起きやすくなります。ひとたび感染を起こしてしまうと、最悪の場合は人工股関節を抜去しなければならなくなり、体への負担も大きくなります。そのため、感染は絶対に起こさないように気を付けています。クリーンルームの使用や有効な抗生物質の投与などはもちろんですが、前日に入院していただき、手術前に入浴をしていただいてから手術を行っています。

Q. それらの合併症は退院後に起きることも考えられますね。

A. はい。たとえば特に女性では、年をとるにつれて骨盤の形が変わり、直立姿勢でも骨盤が後ろに傾いてしまう(後傾)ことがあります。そうなると、人工股関節が前側に脱臼しやすくなることがあります。これに対する予防はなかなか難しいのですが、将来的に骨盤が後傾する可能性がある患者を手術するときは、人工股関節の設置位置や角度に気をつけ、前側に脱臼しにくいようにしています。手術後の感染については、患者さんご自身による体のケアが重要です。虫歯や歯周病、風邪などは早めに治療するなど、細菌に感染しないように十分に気を付けてください。

大腿骨の後傾

Q. よくわかりました。人工股関節を長く使うために、患者さんが心がけたほうが良いことはありますか?

A. 体重をなるべく増やさないことです。片足で立ったとき、股関節には体重の3倍もの力がかかっています。痛みで歩けなくてカロリーが消費できずに太ってしまっていた方は、人工股関節で痛みがなくなるのですから、ウォーキングやサイクリング、水中歩行などを積極的に行って、体重をコントロールしていただきたいと思います。

独立行政法人 国立病院機構 弘前病院 秋元 博之 先生Q. ありがとうございました。最後に、先生にとって特に印象に残る患者さんはいらっしゃいますか?

A. 50代の患者さんで、ご家庭の事情もあって、長い間痛みを我慢して仕事を続けておられた方がいました。来院時には本当に重く、苦しい表情でした。それがようやく手術を受けられて、初めて立ち上がったときに見違えるように顔がパッと明るくなられました。そのときの表情が忘れられません。痛くて歩けない人生は、決して楽しくはないですよね。痛みから解放されて表情が明るくなり、気持ちも人生も前向きになる、そういう患者さんの姿を見るたびに私も嬉しくなります。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

秋元 博之 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2018.3.7

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!