HOME / 人工関節のページ / 体験談のページ / 人工股関節とともに、今、そしてこれからをイキイキと

体験談のページ

人工股関節とともに、今、そしてこれからをイキイキと

人工股関節置換術を受けられた 廣田 奈穂美さん

人工股関節置換術を受けられた
廣田 奈穂美さん

人工股関節との出会い

廣田奈穂美さんは、生後2ヵ月で左脚の先天性股関節脱臼と診断され、幼少期に寛骨臼回転骨切り術などの手術を経験。
40歳前後から痛みがひどくなり、2011年、自ら希望して、人工股関節全置換術を受けられました。
以来、妻、母、ネイルスクール・サロンの経営者、そして専門学校の講師として、ますます輝きを増しておられます。

今回、人工股関節手術を考えている方から多く寄せられる質問をベースに、ご自身の体験談をお話いただき、そこから人工股関節とともに前向きに暮らすヒントを探ります。

廣田 奈穂美さん これまでのプロフィール

1967年 群馬県生まれ。生後2ヵ月で先天性股関節脱臼の診断を受ける。
1972年 同県内で先天性股関節脱臼の手術を受ける。
1977年 都内で再手術を受ける。
2011年 都内で左脚の人工股関節全置換術を受ける。

現在は、ネイルスクール・サロンの経営、専門学校講師の傍ら、自らの体験を同じ疾患に悩む人たちに役立ててもらおうと、高齢者介護施設でのボランティア、身体障害者就労支援などを通して社会活動にも尽力されている。

インタビュー 目次

最初から見る

※対談の内容はあくまで体験者の感想です。症状や結果には個人差があるため、詳しくは専門医にご相談ください。

人工関節のページ

ページトップへ戻る

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!