先生があなたに伝えたいこと / 【高橋 謙治】「早期の変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)にどう対処するのか」は、学会でも大きな話題です。そうした中、我々は運動療法や温熱療法など、新しい予防法や治療法に取り組んでいるのです。

先生があなたに伝えたいこと

【高橋 謙治】「早期の変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)にどう対処するのか」は、学会でも大きな話題です。そうした中、我々は運動療法や温熱療法など、新しい予防法や治療法に取り組んでいるのです。

国際医療福祉大学病院(国際医療福祉大学 医学部 教授) 高橋 謙治 先生

国際医療福祉大学病院(国際医療福祉大学 医学部 教授)
たかはし けんじ
高橋 謙治 先生
専門:膝関節股関節

高橋先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 私は子どもの頃からずっと野球部で野球が大好きなのです。しかし、今は子ども達がプレーできるようなスペースがなくなって、野球人口が減っています。野球に限らず、のびのびとスポーツをやれる環境を整えないと、昔風にいえばもやしっ子が増えるのでないかと心配しています。

2.休日には何をして過ごしますか?
 以前は自転車が趣味でしたが半月板を傷めてしまいましたので、今は自然に恵まれた那須を中心に風景写真を撮って楽しんでいます。目標はコンテストでの入賞です。山で写真も撮りたいので、自分の膝関節も治すように努力しています。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr236.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

「早期の変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)にどう対処するのか」は、学会でも大きな話題です。そうした中、我々は運動療法や温熱療法など、新しい予防法や治療法に取り組んでいるのです。

Q. 膝や股関節の痛みは切実な問題ですが、どうして痛みが出るのでしょうか?

A. 痛みの原因は、特に高齢者の場合、変形性関節症が非常に大きな割合を占めています。膝関節と股関節では発生の因果関係が違っていて、膝関節の場合は、体質や活動性、性別などさまざまな因子が重なって、加齢とともに関節軟骨が傷んでいきます。一方、股関節では、赤ちゃんのとき、股関節脱臼や亜脱臼(あだっきゅう)、あるいは股関節の骨盤の発達が思わしくない発育性股関節形成不全(はついくせいこかんせつけいせいふぜん)が原因となって軟骨が傷んでくることが多いです。高齢の方が多いのですが、早ければ青壮年期から傷んでくる方もいます。但し、変形性関節症とは軟骨だけが傷むのではなく、その周囲の骨、靭帯、膝の場合は半月板など関節を構成する組織全体が加齢現象を起こす病態のことを指します。その主たる原因が軟骨の変性だと考えられています。

変形性膝関節症

正常 股関節臼形成不全

Q. 変形性膝関節症は女性が多いということですが、男女比は大きく違うものなのでしょうか?

国際医療福祉大学病院(国際医療福祉大学 医学部 教授) 高橋 謙治 先生A. 80歳女性の80%、男性の50%の方のレントゲン所見に変形性膝関節症があるという論文が発表されています。そのすべての方に症状が出るわけではありませんが、膝関節に何らかの変形が見られるのです。

Q. 変形性関節症の症状は段階に応じて変化するものでしょうか?

A. 末期の変形性関節症は、軟骨が消失してしまっている状態です。軟骨は再生しないため、多くの場合は人工関節にする手術が必要となります。早期や、まだ関節軟骨が残っている場合は、薬物療法、運動療法、装具療法などの保存療法が選択されます。最近になって、膝関節については、半月板が傷むことが変形性関節症の大きな要因であり、そうなり始めるのが40代から50代ということがわかってきました。もともと弾力のある半月板が、中年期になるとしなやかさを失い、長時間正座をするだけで傷めてしまうこともあります。

Q. 半月板がどのように傷んでいるのか、調べる方法があるのですか?

A. レントゲンで骨に異常がない場合は、膝が痛いといっている患者さんでも、「大丈夫ですよ」といって帰されてしまうことがあります。MRIを使用すると、普通のレントゲンで異常がわからない場合でも半月板の変性を発見することができます。MRIによる診察を続けるうちに、半月板が変性するのと同時に周囲の軟骨にも異常が見られることがわかってきました。

膝関節の構造Q. 半月板が傷むとなぜ結果的に軟骨まで傷むのでしょうか?

A. 体重を支えているのは大腿骨側の軟骨と脛骨(けいこつ)側の軟骨および、その間にある半月板です。半月板がすり減ってしまうと軟骨に負担がかかるのです。さらに半月板がすり減って内側に飛び出してしまうと膝関節が不安定になってしまうので、体重を支えることがより困難になります。

国際医療福祉大学病院(国際医療福祉大学 医学部 教授) 高橋 謙治 先生Q. 半月板の傷みが見つかるとどのような治療が始まるのでしょうか?

A. 骨に異常がなく、半月板の変性のみが認められる場合は、変形性膝関節症の初期の状態です。初期においては、その方に合った運動療法をお勧めしています。半月板に弾力が残っている場合は関節鏡を用いて縫って治すこともできますが、変性している半月板をどうやって治すのかは、学会でも大きな話題となっています。我々は半月板の変性をリハビリで治そうとしています。

Q. 先生の取り組んでおられるリハビリ療法とはどのようなものなのでしょうか?

A. リハビリには、筋力トレーニングを取り入れています。さらに、不安定な半月板は正しい位置からずれやすいので、1日1回、もとの位置に戻すようなトレーニングを取り入れています。実は、半月板が傷んでいる人は、膝のひねり方に悪い癖がついていることが動作解析によって確認されています。その悪い癖を矯正できるリハビリについて臨床研究しています。研究では、このトレーニングをすることで痛みも改善することがわかっています。完全に半月板を傷める前に、防止することができれば多くの方に福音となりますので、できるだけ早く新しいトレーニング法を確立したいと考えています。

国際医療福祉大学病院(国際医療福祉大学 医学部 教授) 高橋 謙治 先生Q. ところで先生は「軟骨の減少」に関しても研究を進めておられるそうですが、そのことについても教えてください。

A. 私が主宰している「NMS膝関節症研究グループ」の最新研究として、「関節軟骨加温による軟骨変性抑制」を目指す研究を進めています。いわゆる温熱療法です。関節の中は32度か33度で体温に比べてずいぶん低いのです。そこを38度から40度くらいに温めると、いつもはおとなしい軟骨が非常に活発に代謝を始めることが実験によってわかりました。よく、温めるのならお風呂に入れば良いのではないかといわれるのですが、お風呂では40度のお湯に2時間入ってやっと2度か3度上がる程度でした。それではとても無理なので、関節の中を温める方法も研究しています。まずは超音波を使って温度を正確に測る方法を確立しました。現在は、関節の中を温める器械を開発しその効果を確認しています。

Q. 関節の中を温める器械とはどんなものですか?

A. これまで行われていたのはマイクロ波を当てる方法ですが、それでは表面が熱くなるだけで中までは温まりません。そこで工学部の先生と協力し、微弱な電磁波が流れている器械の中に膝を入れて、エネルギーが関節の内部に集中するような工夫を行いました。その器械は大がかりなものではなく、町の医院でも問題なく置ける大きさです。動物実験で関節症の進行を遅らせることが分かり、健常者に使用した場合の安全性も確認され、現在この病院で臨床試用を行っています。また、将来的には関節の中を温めることができる運動方法も開発していきたいと思っています。

国際医療福祉大学病院(国際医療福祉大学 医学部 教授) 高橋 謙治 先生Q. 早期の変形性膝関節症に対する保存療法の進歩ですね。他にも保存療法はありますか?

A. 当院ではリハビリ、温熱療法に加え、ヒアルロン酸の関節内注射による治療にも取り組んでます。これは、日本では30年前から行われているのですが、海外で認められるような臨床的な裏付けが少ないため世界的には推奨はされていません。そこで当院では、ヒアルロン酸の注射についてもMRIを使って効果を調べています。早期の変形性膝関節症の場合では、注射の回数が多いほど軟骨の変性が改善していることがわかりました。それを踏まえて当院では、必要だと思われる患者さんには2週間に1度の割合で注射をしています。何年も続けることで、かなり症状が良くなってスポーツに復帰されている方もいます。いずれにしても、関節軟骨に対する治療は気長にやることがとても大切です。

Q. ヒアルロン酸の注射には副作用の心配はないのでしょうか?

A. ヒアルロン酸の注射は極めて安全性の高いもので、副作用の心配はほとんどありません。皮膚に針は刺しますが、感染の報告もほとんどありません。

Q. 大変よくわかりました。変形性膝関節症が末期になり、手術となると人工膝関節手術をしなければならないのでしょうか?

A. 当院では患者さんの年齢や活動性などによって、内側のみ悪い方には脛骨骨切り術(けいこつこつきりじゅつ)、人工膝関節でも膝関節の内側など片側だけを置換する単顆人工膝関節置換術(たんかじんこうひざかんせつちかんじゅつ)、あるいは全部を置換する全人工膝関節置換術(ぜんじんこうひざかんせつちかんじゅつ)と使い分けて手術しています。

単顆人工膝関節置換術

単顆人工膝関節置換術

全人工膝関節置換術

全人工膝関節置換術

国際医療福祉大学病院(国際医療福祉大学 医学部 教授) 高橋 謙治 先生Q. 人工膝関節手術についても何か工夫がありますか?

A. 膝関節の内側の靭帯を極力はがさずに、小さな剥離(はくり)で手術をすることです。変形性膝関節症の患者さんの多くはO脚の傾向が強いため、矯正するためには靭帯を大きくはぐ必要があるのですが、骨棘(こつきょく:骨の突起部分)を丁寧に取り除き、できるだけ靭帯をはがさないようにしています。そうすることで術後の腫れ方もずいぶん違いますし、内側側副靭帯(ないそくそくふくじんたい)の深いところが残っていますので、膝関節の動きの違和感も抑えられるのです。

Q. 人工股関節でも違和感は残るのでしょうか?

A. 人工股関節は骨の手術、人工膝関節は靭帯の手術といわれています。人工股関節の場合、違和感はほとんどありません。

Q. ちなみに人工膝関節、人工股関節の耐用年数はどれくらいですか?

A. 今では30年ぐらいは使用し続けられるのではと思います。しかし、人工関節周囲の骨が丈夫でなければゆるんでしまいますので、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の治療も大変重要です。

Q. ありがとうございました。最後に、さまざまな研究をしておられる「NMS膝関節症研究グループ」の活動やメンバー、目的などを紹介してください。

国際医療福祉大学病院(国際医療福祉大学 医学部 教授) 高橋 謙治 先生A. 現在の日本人の「平均年齢」は約47歳といわれ、多くの方が膝の痛みに悩む年齢です。学会でも早期の変形性膝関節症は大きなトピックとしてさまざまな研究がなされています。「NMS膝関節症研究グループ」では、温熱については、ハイパーサーミアー(温熱治療)学会で活躍されている明治大学、東洋大学、東海大学の工学部の先生方と一緒に研究しています。リハビリに関しては理学療法士、画像解析に関しては千葉大学と協力しています。いろいろな先生方と協力しながら、3~4つの研究を同時に進めています。目的は、変形性膝関節症に対するできる限りの予防と、早期の有効な治療です。実は私自身、半月板が悪いのです。ずっと野球や自転車レースをしていて50歳を過ぎた頃に傷めてしまいました。もちろん研究はその前からしていますが、自分自身もリハビリや温熱療法を実践しています。何より患者さんの気持ち、特に中年層やスポーツをしている膝関節の悪い方の気持ちがとてもよくわかるので、私の研究のモチベーションとなっています。

取材日:2018.1.16

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!