先生があなたに伝えたいこと / 【織田 徹也】骨切り術や人工股関節手術などの治療は、患者さんそれぞれの「将来」を見据えて選択することが大切です。

先生があなたに伝えたいこと

【織田 徹也】骨切り術や人工股関節手術などの治療は、患者さんそれぞれの「将来」を見据えて選択することが大切です。

丸山記念総合病院 織田 徹也 先生

丸山記念総合病院
おだ  てつや
織田 徹也 先生
専門:股関節膝関節

織田先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 これから、少子高齢化のひずみが様々なところで出てくると思いますので、日本の将来が気になります。

2.休日には何をして過ごしますか?
 子どもと遊ぶか、趣味のサッカーや釣りをしています。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr141.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

骨切り術や人工股関節手術などの治療は、患者さんそれぞれの「将来」を見据えて選択することが大切です。

Q. 股関節の疾患で、人工関節に至るものにはどのようなものがありますか?

A. 主な疾患には、変形性股関節症大腿骨頭壊死症(だいたいこっとうえししょう)および関節リウマチがあげられます。但し、いずれも緊急を要するという病気ではありませんので、すぐに手術ということにはならず、運動療法や体重コントロール、あるいは安静にするなど保存的治療を試みて、それでも日常生活で困難が生じたときに手術の適応になります。もちろん、レントゲン所見などを合わせて考慮します。

変形性股関節症

股関節の構造(正面図)Q. では具体的にお伺いしていきます。まず変形性股関節症ですが、どういう疾患なのでしょうか?

A. 股関節を構成する骨盤と大腿骨頭は、どちらも軟骨で覆われています。軟骨はクッションの役割をするのですが、変形性股関節症は簡単にいうと、軟骨が削れてしまうことで骨と骨とがぶつかり合い、痛みや変形が生じます。変形性股関節症は加齢性のものですが、なりやすい原因としては寛骨臼(かんこつきゅう)の発育が不十分な、発育性寛骨臼形成不全や股関節脱臼、あるいは外傷の影響などがあります。

Q. 手術イコール人工股関節手術なのでしょうか?

A. 進行具合と病期によっては、骨切り術も選択肢になります。たとえば、変形が初期で寛骨臼形成不全がある場合は、骨盤の寛骨臼の骨をドーム状にくり抜いて回転させ、骨頭を覆うようにする「寛骨臼回転骨切り術(かんこつきゅうかいてんこつきりじゅつ)」を行います。正常な股関節と同じように荷重を分散させることで痛みを改善します。

寛骨臼回転骨切り術

Q. 大腿骨頭壊死症についてはいかがでしょうか?

丸山記念総合病院 織田 徹也 先生A. 大腿骨頭壊死症は、ステロイドやアルコールの多量摂取、外傷などで血流が低下することにより、骨頭の一部が壊死(えし)します。進行すると、骨頭が陥没するなどして関節面が変形し、寛骨臼が正常に保たれなくなります。手術としては、早期で若い方ならば、やはり、まずは骨切り術が選択肢となります。骨切り術には、大腿骨頭の下の部分を切って内側や外側に向けたり回転させたりして、骨頭壊死部分を荷重面から反らし、壊死していない部分に荷重させる大腿骨頭回転骨切り術(だいたいこっとうかいてんこつきりじゅつ)などがあります。しかし早期でも高齢の場合は、早めに人工股関節にしたほうがいい場合があります。いずれにしても手術は、患者さんごとに適切な時期や方法を見極めることが重要なのです。

大腿骨頭壊死症

大腿骨頭回転骨切り術

Q. 関節リウマチでも骨切り術は可能なのでしょうか?

A. 関節リウマチは滑膜(かつまく)が増殖して関節を破壊していきます。また、骨が弱くなってしまっている方が多いので、骨切り術の適応ではありません。今では、いい薬ができて手術の症例は減っていますが、痛みが薬でコントロールできなくなったら、人工股関節を考えるということになります。

正常な関節 関節リウマチ

丸山記念総合病院 織田 徹也 先生Q. 骨切り術をすれば人工股関節にする必要はないのですか?

A. それで一生大丈夫な方もいます。しかし、最終的には人工股関節になってしまう方もいます。その場合、一番大きなメリットとして、人工股関節までのタイムセービングがあげられます。人工股関節は器械ですから、どうしてもゆるんだり壊れてしまったりすることがあります。30代、40代で人工股関節の手術を行うと、その方の一生の間に人工股関節の入れ換えが必要になる可能性があるため、関節を温存して、10年先、20年先に、人工股関節手術を延ばしてあげられるということです。人工股関節の入れ換え手術は再置換術(さいちかんじゅつ)といいます。再置換術は技術的に難しくなり、感染などのリスクも高まるので、できるだけ避けるようにしているのです。

Q. それでは、人工股関節について教えてください。現在、耐用年数はどれくらいですか?

A. 一般的には15年から20年といわれています。もちろん、それ以上大丈夫な方もいらっしゃいますし、活動性が高い方、肥満気味の方はもう少し早く弛みが生じることもあります。それでも昔は10年といわれていましたから、耐用年数はずいぶん伸びてきました。

丸山記念総合病院 織田 徹也 先生Q. 人工股関節が進歩したということでしょうか?

A. それもあります。人工関節のゆるみは、軟骨の代わりに使われている人工股関節のポリエチレン部分の摩耗が大きく影響していたのですが、10年くらい前から特殊な加工を施したポリエチレンが登場し、摩耗のリスクがかなり低減するようになりました。

Q. 手術手技も進歩しているのでしょうね。

A. 手術の時に、実際に切開する方法(アプローチ)もいろいろな工夫が重ねられてきました。当院では後方アプローチから前方アプローチへと変更しました。後方アプローチも大きな欠点はないのですが、筋肉などの関節支持組織を切離して人工股関節を入れますので、後方に脱臼する心配がありました。前方アプローチでは筋肉をはがすことはあっても切ることはなく、関節支持組織を温存できるため、脱臼のリスクを大幅に低減させることができるようになりました。

Q. リハビリ期間はどれくらいですか?

丸山記念総合病院 織田 徹也 先生A. 痛みや回復の状況次第ですが、翌日から車いすに乗っていただいて、なるべく早く歩行練習を始めて、退院まで3週間くらいでしょうか。もちろん、退院後に少し不安のある方は通院でのリハビリも可能です。心情的なケアもしながらリハビリを継続していただけます。

Q. よくわかりました。ところで先生は骨折のご専門でもいらっしゃいます。特に高齢者では、股関節がどのように折れてしまうのでしょうか?

A. 一番多いのは転倒による股関節周囲の骨折です。骨頭のすぐ下のくびれ部分にあたる大腿骨頸部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)と、その下の出っ張った部分が折れる大腿骨転子部骨折(だいたいこつてんしぶこっせつ)があります。転子部骨折では、骨をプレートや太いネジで固定する骨接合術(こつせつごうじゅつ)が一般的ですが、頸部骨折は、折れる場所などによって、骨接合術でいい場合と、人工股関節置換術人工骨頭置換術にしなくてはいけない場合があります。どちらにしても骨折はできるだけ早く、できればその日のうちに手術をすることが重要です。

大腿骨頸部骨折

大腿骨頸部骨折

Q. 転倒は本当に要注意ですね。

A. 特に骨粗鬆症(こつそしょうしょう)があると、ちょっと転んだだけで骨折してしまいますから注意が必要です。つまり、転倒に注意するだけでなく、骨粗鬆症の治療も大事だということです。検査をして、早い段階で骨粗鬆症の治療を始めることができれば、もしかしたら骨折に至らず打撲で済むケースもあるかもしれません。

Q. ありがとうございました。最後に、先生が治療をされる上で大切にされていることや患者さんに向けてのメッセージをお願いします。

丸山記念総合病院 織田 徹也 先生A. 大切にしているのは、患者さんとよくコミュニケーションをとることです。疾患や症状はもちろんのこと、年齢、ライフスタイル、お仕事、価値観などさまざまなことについてお伺いします。特に変形性股関節症については、治療の選択や手術の最適なタイミングについて、患者さんとよく相談して決めることが、将来の満足度につながるのだと思っています。人工股関節手術は、ほとんどの場合で、今まで股関節が痛くて引きこもりがちだった方が、どんどん外に出られるようになります。患者さんが、これから先を元気に過ごしていただければ本当に嬉しいですね。

取材日:2015.12.25

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!