先生があなたに伝えたいこと / 【大野 弥】人工股関節、人工膝関節は、痛みのない生活を取り戻すためのとても有効な手段です。

先生があなたに伝えたいこと

【大野 弥】人工股関節、人工膝関節は、痛みのない生活を取り戻すためのとても有効な手段です。

古河赤十字病院 大野 弥 先生

古河赤十字病院
おおの わたる
大野 弥 先生
専門:股関節膝関節

大野先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 日本人らしさがなくなりつつあることでしょうか。奥ゆかしさとか譲り合いの心とか。心意気もそうですよね。

2.休日には何をして過ごしますか?
 バイクツーリングや山登り。アウトドア派です。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr99.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

人工股関節、人工膝関節は、痛みのない生活を取り戻すためのとても有効な手段です。

Q. 股関節、膝関節で、人工関節手術へ至る疾患にはどのようなものがあるのでしょうか? まず股関節から教えてください。

A. 人工関節手術に至る可能性のある疾患は、成人の場合はほとんど、軟骨がすり減ることで変形をきたす変形性股関節症です。また、良いお薬ができて症例は減りましたけれども、関節リウマチもありますね。最近はFAI(エフエーアイ:Femoroacetabular Impingement)も注目されています。

FAIQ. FAIとは?

A. 股関節の臼蓋(きゅうがい)と大腿骨の頸部(けいぶ)が、曲げたりしたときに当たって痛みが出るものです。臼蓋(きゅうがい)が深くて骨頭(こっとう)の被りが大きかったり、頸部のくびれが少ないことで起こります。このFAIから変形性股関節症へ至ることもあるんです。

Q. では、その変形性股関節症の最も多い原因とは何なのでしょうか?

A. 日本人の場合はFAIもそうですが、二次性と呼ばれるタイプが多いです。代表的なものが、もともと臼蓋の被りが浅くて関節が不安定なため、軟骨がすり減ってしまう臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)です。長年の荷重によるストレスや軟骨の質も考えられると思いますが、一次性といわれる理由がはっきりしない、いわゆる老化ととらえられるケースもあります。

正常、臼蓋形成不全
Q. 膝関節の疾患として多いのは?

古河赤十字病院 大野 弥 先生A. やはり変形性膝関節症です。よく高齢の方が「膝が痛い」とおっしゃいますよね。そういう場合は変形性のことが多いです。股関節に比べますと、原因をはっきりと特定できない、加齢による一次性の方が多くなります。また若い方やスポーツをされている方ですと半月板損傷や靭帯損傷から変形性膝関節症へ至ることもありますし、股関節同様、関節リウマチもあります。

Q. お話をお聞きしますと、膝関節の悪い患者さんのほうが多そうですね。

A. ええ、実際に多いんですよ。でもどうも股関節のほうが痛いらしいです。膝関節の患者さんの数は多いですが、人工関節手術を受けようという方は股関節と比べて割合的には低いといえるのではないでしょうか。

Q. 治療法としては、人工関節以外にも選択肢があるということですか?

古河赤十字病院 大野 弥 先生A. はい。初期ですと保存療法で経過をみます。膝関節も股関節も、減量や痛み止めなどのお薬、膝関節ですとヒアルロン酸の関節内注射を併行して週1回、5回程度行って、それで効果が出るかどうか様子をみたりします。股関節では、簡単に関節内注射ができませんので、その分、股関節周囲の筋力トレーニングなどを継続してもらいます。

Q. それで手術を回避できることもあるのですか?

A. 痛みが取れて生活に支障がなくなる方もおられます。そういう方の場合、ある程度変形が進んでいても、手術をしましょうとはならないですよね。保存療法による効果がない場合に、手術が選択肢の一つになってきます。

Q. 手術にも種類があるのでしょうか?

A. ええ、いくつかあります。たとえば膝で変形が軽度のときには、関節鏡の手術で半月板の損傷している部分を修復して痛みを取る手術がありますし、60歳以下など比較的お若い方で膝の内側だけが傷んでいる方には骨切り術を選択することもあります。骨切り術とは、がに股(O脚)になっている脚を少しX脚に変え、傷んでいる内側に体重がかからないようにさせることで、痛みが楽になるという仕組みです。股関節についても骨切り術をして、荷重を分散させる方法があります。

O脚の図
Q. 高齢の方に骨切り術はあまり適さないのでしょうか?

A. ご自身の骨だけで再建しますので、リハビリに時間がかかります。ご高齢になりますと早く動けるようになるのに越したことはありませんし、骨切り術をしても痛みもあまりよくならないというケースもあって慎重に見極めないといけません。やはり人工関節手術は、年齢や変形の程度に関わらず適応の広い、しかも確実な手段といえます。

人工股関節・膝関節手術

Q. では、その人工関節手術についてお伺いします。人工股関節、人工膝関節は進化しているのでしょうか?

A. ええ。特に股関節では進化しています。まず、臼蓋と、大腿骨側の骨頭がこすれ合う表面、これを摺動面(しゅうどうめん)といいますが、その部分の材質がかなり改善して、摩耗しにくくなったことが大きいですね。昔からポリエチレンが使われていますが、昔のタイプのポリエチレンですと十数年経つと摩耗して、その摩耗粉(まもうふん)が骨に悪さをして、人工関節をグラグラとゆるめてしまうということがありました。今はクロスリンク加工という摩耗しにくい技術を用いたポリエチレンが使われています。
また、さらに進んだものとして、その摺動面に水の膜のようなものを作るAquala(アクアラ)という技術が出てきて、より一層の低摩耗が期待されるようになりました。
ステムについては、私がよく使っているのがチェンジャブルネックタイプといって、普通はステム本体とネック部分は一体型なのですが、ネックをいくつかのサイズや形状から選んで取り付けることができます。人工関節を入れたとしても、その方その方の本来ある股関節の状態に近づけることができるので、脱臼のリスクを低減することにつながります。膝に関してはデザインの向上などで安定感が増してきました。

チェンジャブルネックタイプのステム

※Aquala(アクアラ)は京セラ株式会社の登録商標です。

古河赤十字病院 大野 弥 先生Q. とすると、耐用年数はどれくらいでしょうか?

A. 私は患者さんには15年といっていますが、耐用年数って難しいですよね。今、15年といっているのは少なくとも15年前の手術データの集積でしかないわけで、今の人工関節は、素材などの進化でさらに耐用年数が伸びていることは間違いないですが、具体的にどれくらい伸びているかははっきり申し上げられません。

Q. 耐用年数も、やはり手術のタイミングを決めるポイントになるのでしょうか?

A. もちろんそれもあって、保存療法や骨切り術で人工関節にするまでの時間を延ばすという方法を採ることもあります。でも何より大切なのは、ご本人がどれくらい痛くてどれくらい生活に支障があるかという点です。たとえば関節リウマチでは、今は少なくなったとはいえ、20代、30代でも関節が破壊される方がいらっしゃいます。そういう方に痛みにずっと耐えて60代まで我慢しなさいというのはあまりにも厳しいですよね。若い間にやりたいこともいろいろおありになるでしょうから、リスクをきちんとお伝えして、その上で患者さんの要望を叶えるというのも人工関節の意義だと思っています。

Q. なるほど。次に手術手技についてですが、こちらも進歩しているのでしょうか?

古河赤十字病院 大野 弥 先生A. はい。股関節ですとできるだけ筋肉を切らない方法が一般化してきていると思います。私が主にやっているのは側方から入るアプローチ法で、中臀筋(ちゅうでんきん)をほんの少し切除します。また症例をみて可能な場合には、前方からのアプローチを採用します。これですとまったく筋肉を切らないで人工関節を入れられます。筋肉を切らないということはリハビリもスムーズに進みますし、筋肉のバランスが保たれて脱臼にも強くなります。膝では、傍膝蓋進入法(ぼうしつがいしんにゅうほう)といって膝蓋骨(しつがいこつ)の横から手術を行う、オーソドックスな方法を採用しています。筋肉を切らない手術法もありますが、術後の成績はあまり変わらないのではないかと思いますし、なにより手術時間が短くて済むことが利点です。もちろん筋肉や靭帯の損傷は最小限にというのは基本ですから、それには最大限の注意を払いますが、何よりも大事なのは、膝の場合は靭帯のバランスで、それを整えるのが大変重要です。

Q. 靭帯のバランスを整えるというのは?

膝の靭帯の名称A. 靭帯は4本あって、一般的に前十字靱帯、後十字靭帯の2本を切除して、外側と内側の靭帯は残します。でも、骨が変形しているわけですから、どちらかが伸びていたり縮んでいたりしています。それを左右同じように整えないと、膝を上げたり伸ばしたりするときにグラついたり、横にズレたりして脱臼するということも考えられ、困ったことになってしまいます。そうならないように左右の靭帯をバランスよく整える必要があるのです。

Q. わかりました。合併症についてはいかがですか?

A. 股関節の脱臼は術前の計画や手術手技などが関連してきますので、実際に起こってしまった時には整形外科医として敗北感があります...。しかし、近年では手術法などの進歩で脱臼する確率はかなり下がっています。それより難敵は感染ですね。感染してしまうとなかなか治りにくく、人工関節を一度抜かないといけないこともあります。ですから何よりも清潔な手術、人の出入り一つとっても制限して手術を行い、適切な抗菌薬の点滴などで万全を期しています。手術後、退院されてからの感染は患者さんに指導するしかなく、水虫でも虫歯でも小さな傷でも早め早めに治療することをお願いしています。私は「とにかく医者へ行ってください」と。あとは血栓症対策として、手術後、ふくらはぎや足の裏にフットポンプを装着して、強制的に静脈の血の流れを良くすることと合わせて抗血栓の薬を使っています。とにかく長期間の寝た状態が良くないので、なるべく早くリハビリを行うというのも血栓症予防に効果的です。そのためにも手術翌日からリハビリの先生が付いて関節を動かしたり、痛みの程度によっては歩いたりもするなど早期のリハビリを実施しています。

Q. 入院期間はどれくらいになりますか?

A. この辺の方はゆっくりで(笑)、大体ひと月くらいいらっしゃいます。もう少し早く退院していただくことも可能なんですけど、ご高齢の方はやはり少し回復が遅れますので、十分にリハビリをしていただいています。退院後の生活指導もリハビリの先生がしっかりと行ってくれています。

Q. 感染対策のほか、退院後に気をつけたほうが良いことはありますか?

古河赤十字病院 大野 弥 先生A. 正座とかトイレとか、なるべく和式の生活は避けていただくほうが良いと思います。あとは、特に股関節は脱臼のことを考えて深く曲げ過ぎないとか、ひねらないとかを注意していただきたいです。急な動作で脚を乱暴に扱うとか、そういうことをしなければ日常生活には、まず支障はありませんよ。

Q. ありがとうございました。最後に、手術のタイミングはどのように判断されるのでしょうか?

A. 人それぞれですけれども、根本的なことでいえばレントゲン上で明らかな変形がみられること。そして一番は、先ほども申し上げたように、ご本人がどれくらい痛く、どれくらい生活に困っているのかということです。人工関節は最終的な手術ではありますが、長期成績が良い大変有効な手術ですので、困らない生活を叶えるための手段として、ぜひ前向きな気持ちで向かい合っていただければと思います。

Q. 最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

大野 弥 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2014.10.17

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!