先生があなたに伝えたいこと / 【岩森 洋】 日常生活を送るため、手術後に筋力をいかにスムーズに取り戻すか。術後のリハビリが一番大事だと思います。

先生があなたに伝えたいこと

【岩森 洋】 日常生活を送るため、手術後に筋力をいかにスムーズに取り戻すか。術後のリハビリが一番大事だと思います。

中電病院 岩森 洋 先生

中電病院
いわもり ひろし
岩森 洋 先生
専門:人工股関節

岩森先生の一面

1.最近気になることは何ですか?
 一番気になるというか、期待していることは民主党が医療制度、医療改革をどうするのか、ということですね。医療制度の問題はたくさんあると思いますけども、勤務医が疲弊し、みなさん開業にむかっている。あるいは若い医師がどんどん都会にでている。
これらはまぎれもない事実です。その中で医療崩壊をどう防ぐのか。勤務医に、あるいは地域医療によりよい、制度改革をしていきたいということですから、その内容を早くみせてもらいたいと思います。医師のなりてが少ない婦人科・麻酔科・小児科をなんとかしなければいけない、ということしか聞こえていませんが、実際は外科・内科・整形外科も勤務医がどんどん少なくなってきています。個人的な考えをいえば、勤務するよりも開業したほうが経済的、あるいは時間的なゆとりがある医療制度に問題があるのではと思っていますので、そこをどう対処するのかみてみたいですね。

2.休日には何をして過ごしますか?
 あんまり休みがとれることもないんだけど、家内の買い物につきあっています。また、普段あまり家でご飯を食べないものですから、土曜や日曜は家族でご飯を食べるように気をつけています。

携帯・スマートフォンサイトもチェック!

携帯電話・スマートフォン

バーコードリーダーで読み取ってください。携帯電話・スマートフォンからもご覧いただけます。
http://kansetsu-itai.com/m/interview/dr8.php

*携帯電話・スマートフォンからアクセスしていただく場合、パケット通信料は、お客様のご負担となりますので予めご了承ください。

QRコード

先生からのメッセージ

手術後に筋力をいかにスムーズに取り戻すか。術後のリハビリが一番大事だと思います。

Q. まず初めに、人工関節手術を受けてから退院までの間に、患者さんが一般的にやらなければいけないことについて教えていただけますか?

中電病院 岩森 洋 先生A.長く関節の病気で苦しんでおられると、どうしても筋力がおちています。人工関節というのは痛みをとることが第一目的で、その痛みがとれた後、今度は筋肉を使って楽に歩けるようになるために時間をかけて筋力の回復をはかる必要があります。つまり、日常生活を送るための筋力をいかにスムーズに取り戻すか、というところが一番大事だと思います。
  あとは、脚の位置によって人工関節が脱臼することもありますので、その点をよくご理解いただくことも重要です。
 関節の手術をおこなう立場からすると、手術後の筋力をいかに回復し、スムーズに歩行させることができるかということが大切だと思っていますから、手術だけのことに重きをおいて手術をお受けになるのは若干の危険性があると思うのです。「痛いからなんとかしてほしい」という点が、まず一番の目的になるのですが、実は"体重の数倍の重さをかけて歩いていること"や"日常の生活でいかに筋肉を使っているかということ"をあまり認識できていない場合が多いように思います。健康な時にはなかなかわからないんですよね。

Q.おちてしまった筋力ですが、やはり高齢になればなるほど回復するにも時間がかかるのでしょうか?

A.そうですね。やはり加齢によって筋力はおちてきます。それに加えて、病気による痛みで脚を使わないということで、さらに筋力がおちるという2つの要素をもつことになります。手術後のリハビリに必要な時間をみていますと、若い方よりも高齢の方のほうがどうしても時間がかかりやすいということになりますよね。当院では「1本あるいは2本つえをつき、家に戻って日常生活が送れる。さらに通院してリハビリができる」というのをひとつの達成目標としています。その達成するまでの時間をみても、若い方のほうが短く、高齢の方のほうが長くかかるといえると思います。

Q.時に患者さんの声として「もう少し病院にいてリハビリがしたかった」と聞くことがあります。術後から日常生活へ戻っていくにあたり、患者さんが不安を持たれる点はどのあたりなのでしょうか?

中電病院 岩森 洋 先生A.患者さんは女性、主婦の方が多いですから、やはりお帰りになって家事がある程度できるかどうか、というところが一番の不安になるのではないでしょうか。例えば買い物などはなんとかなるにしても、掃除や炊事がある程度できないと家に帰っても...ということがあるように思います。そして、家の近所に、入院していた時と同レベルのリハビリができる施設があるか、というところも不安になるのではないでしょうか。
 当院では、ある程度のところまでリハビリを行い退院されますから、そのような不安はあまりないかと思いますけども、たとえば他施設での手術後に筋肉の痛みが残り、リハビリのための通院、あるいは入院希望をされる方の意見を聞いていますと、「手術だけが目的じゃないんだ。後のリハビリを含めたトータルな医療が必要なんだ。」と思います。そういう観点がないと不平不満が残る場合があるんだろうとも思いますね。

Q.家に帰っても家事ができず、リハビリも近くの病院でできなければどうしていいかわからない...と、なりますよね。

A.そうです。機能が回復しない。→無理をすれば筋肉に痛みがでる。→さらにリハビリができない。→機能がおちていく。というマイナスの循環になってきますので。不安になると思いますね。リハビリができないマイナスの循環図

Q.それでは理想的な、「術後から日常生活へ戻る過程」とはどういったものだと思われますか?

A.これは入院治療のゴールの設定の問題かと思います。退院時に日常生活がきちんとできるレベルまで充分にリハビリを行うとすれば、やはりかなり時間がかかると思います。しかし、日常生活をすごしながら、慣らしながら、長期的に回復を期待することで良いのでは。また、最高のレベルまで達する必要はない、と思いますね。家で自分で、そして時には通院して、リハビリができるレベルまでいっていただければ、あまり不満足にはならないはずです。そこを追いだすような格好になってしまうと、不満が残る。
 さきほどもお話しましたが、一応満足して退院できるレベル、というのが「1本あるいは2本つえをつき、家に戻って日常生活がある程度送れる。さらに通院してリハビリができる」というところになるのです。このレベルだと車も運転できますので。
 それでも人によっては、リハビリが予定通りに進まない場合もありますので、そのレベルにいたらなかった方はもう少しゆっくりリハビリをして退院されることになります。"ゴールを達成してから退院"というクリニカルパス(入院中の検査や治療の予定などをスケジュール化し、患者さんにわかりやすく表にしたもの)に沿って医療を提供しますので、人によって時間の幅はでてきますよね。

Q.リハビリがうまくいかない患者さんというのは、どういった方なのでしょう?

A.そうですね...高齢で筋力が弱い方、リハビリに対して意欲の低い方、あるいは痛みに弱い方、などはやはり遅れる傾向にあります。一方で、家庭があり、早く家に帰って家族のために家事をしなければならないなど、強い意欲のある方は、まじめに訓練されますし、そういう方は早いです。リハビリは自分ですることで、他力本願ではないですから。自分で「なんとか早く帰ろう」という意欲の強い方は早い。それが勘違いをして、リハビリは人がやってくれるものだ、という考えになってしまうとなかなかスムーズに進まないですね。回復期リハビリテーション病棟だと、土曜・日曜・祭日なども休まず、毎日毎日リハビリをしております。"いかに治療目標(アウトカム)を達成して、日常生活にお帰りいただくか"ということを考えていますので。リハビリの先生と話をして、目標設定をし、がんばっていただければ早く帰れるんじゃないかと思います。

Q.今、回復期リハビリテーション病棟というお話がでてきました。
つまり手術を受けたあと、本来であれば別の病院に移らなければいけないところを、同じ病院内で病棟を移るだけですむ、という理解でよろしいでしょうか?

A.そうですね。一般的に、急性期病院の多くは、手術を行った後のリハビリは、他の病院にお願いしたりして運営されているんでしょうが、やはり手術をした医者がいる病院で、同じ認識の下で看護師・理学療法士等が情報交換をしながら、一連の動きの中でリハビリをするのが一番望ましいと思うんです。患者さんを中心に考えれば"切れ目のない医療"といいますかね...。切れ目のない医療を提供しようと思えば、同じ土俵というか同じ認識のうえで治療を行わないといけない。そんな施設がいいと思いますね。

Q.では回復期リハビリテーション病棟はまさに、患者さんがスムーズに日常生活へ戻れるよう、切れ目のない医療を提供できる施設ということですね。設立のきっかけや思いをお聞かせいただけますか。

中電病院 岩森 洋 先生A.医療制度改革のながれの中で、整形外科医として、また関節外科にたずさわる立場として、どのような対応を図るのが患者さんにとってベストで、病院の将来にとっても望ましいか、ということを考えたのがきっかけです。理学療法士も補充しまして、車イス用のトイレも増設したり、訓練室を作ったり...。そうすることで入院部屋の数を減らさざるをえなかったのですが、ハード(設備)とソフト(理念など働く人の考え方)の両面を充実させたいと考えました。プール(水治療室)も大変な設備です。場所の余裕がなく縮小しましたが、患者さんのご希望があり残しました。手術をすると、しばらくお風呂に入れないということもありますし、プールの中で歩くのはかなりリフレッシュできるみたいですね。ただ、そういったものを設置するとしたら、整形外科の患者さんが対象となりますので、整形外科で運動器の治療をしている施設でないと、そういう設備を設けるメリットはないのかもしれません。

Q.実際回復期リハビリテーション病棟にはどういった段階で入院され、どのようなリハビリが行われ、どのようになれば退院ができるのでしょうか。大きな流れを教えていただけますか。

中電病院 岩森 洋 先生A.クリニカルパスでの目安になりますが、「1本あるいは2本つえを使って、家に戻って日常生活がある程度送れる。さらに通院してリハビリができる」ということを達成目標にしています。だいたいの予定月数は平均2ヵ月となります。もちろん、高齢の方は長びく場合も、若い方は早い場合もあります。そしてその達成目標にむけて、治療とリハビリの計画を練っていきます。だいたい現在のパスですと、人工関節手術をした場合、手術後2~3日から車イスに乗っていると思います。そして、同時に可動域訓練(かどういきくんれん:脚を動かせる範囲を広げるための訓練)や筋力の強化訓練などがはじまります。抜糸が終わると、歩行浴を開始し、徐々に荷重訓練へと続きます。それと平行してどんどん筋力訓練を進めていきます。2本つえや平行棒で歩くようになるのが3週間くらいになっていると思います。そして2本から1本つえになっていく。このようにだいたいの治療のプロセスが決まっています。
 この道筋の中で、3週間をめどにして、回復期リハビリテーション病棟に移っていただいていますが、そこでリハビリの内容が大きく変わるということではなく、行うリハビリも継続されます。

Q.今の医療制度では、手術を受ける病院と、その後、しっかりとリハビリテーションを受けられる病院とを分業するような仕組みになっています。患者さんにとってこのしくみはよいのでしょうか?悪いのでしょうか?

人工股関節専門 岩森 洋 先A.現在の医療制度では、DPC(診断群別支払い方式)などのため急性期病院における入院日数は制限され、手術を行う病院と病状が安定しリハビリを受ける病院が別個とせざるを得ないのが現状です。患者さんの立場としては、同一の施設で継続的な治療を受けたい希望が強いことは良く分かりますが、病院も経営上やむを得ない点を理解いただきたいと思います。また、医療を提供する側も、急性期病院とリハビリ病院が医療の質の格差を是正し、患者さんやご家族のアクセスなども考慮して連携を図ることも大切と考えます。
 当院では、私が赴任しました昭和63年当初から「ヒップセンター」構想を持って徐々に医療の展開を進めてきましたので、回復期リハビリテーション病棟の設置には余り苦労はありませんでした。むしろ、手術からリハビリ、家庭あるいは社会復帰へと継続的な医療の提供が受けられることもあり、患者さんは増加しています。そのことが、病院の経営上良い方向性を生み出し、看護師、PT(Physical Therapist:理学療法士)などのモチベーションの向上にも繋がっていると思います。

Q.最後に患者さんへのメッセージをお願いいたします。

岩森 洋 先生からのメッセージ

※ムービーの上にマウスを持っていくと再生ボタンが表示されます。

取材日:2009.11.30

*本ページは個人の意見であり、必ずしも全ての方にあてはまるわけではありませんので詳しくは主治医にご相談ください。

先生の一覧へ戻る

病院検索をする

ページトップへ戻る

先生があなたに伝えたいこと

股関節股関節

膝関節膝関節

肩関節肩関節

肘関節肘関節

足関節足関節

手の外科手の外科

脊椎脊椎

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!