HOME / 関節とは / 膝関節 / 治療

膝関節治療

治療方法は、おおきく保存療法と手術療法のふたつに分けられます。

保存療法は手術を行わずに関節機能の温存をめざすもので、自宅でできるものから病院などで行うものまで、いろいろな方法があります。

決して消極的な治療法ではなく、医師や理学療法士の指導により適切な治療を行えば、多くの方が、手術を受けなくても病気の進行を遅らせたり、痛みなどの症状を軽減することが可能です。逆に自己流な方法で行なうと、病気をかえって悪化させてしまうこともありますので注意が必要です。

実際には種々の療法を組み合わせて行われますが、特に運動療法では、患者さん自身が積極的に治療を行おうとする姿勢がとても重要になります。

病院検索 あなたの街の病院を検索!

先生があなたに伝えたいこと 動画によるメッセージも配信中!